Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSの運用費を削減する方法

概要

  • AWSの運用費を削減するための方法をまとめてる

現状把握

コストやすくするためにも、何はともあれ現状を見るべし
具体的には下記の順序で画面遷移をすると、AWSの各種サービス別の月額費用がわかる
どこにどれだけかかっているかは運営するサービスの性質にによって様々なので、ひとまずこれで現状を見るのが良さげ

1. マネジメントコンソールを開く
2. Billingを選択する
3. 左サイドバーからCost Explorerをクリックする
4. Monthly Spend by Service Viewをクリックする

https___qiita-image-store.s3.amazonaws.com_0_102733_16432517-f325-6cdd-785a-61cc5b0f42f9 (1).png

AWSの運用費削減の方法

1. Reserved Instance(RI)

  • 特定のインスタンスタイプを長期間(最低1年)使用する代わりに大幅な値引きを受けられる
    • 契約したインスタンスは24時間稼働しているものとして課金されるが、その費用が通常のインスタンス起動より安い
    • 期間は1年、3年がある
    • 全額前払い, 一部前払い, 前払いなしの3つが選べ、割引率も変わってくる(全額前払いが一番割引率高い)
    • 全てのAWSサービスで提供されているわけでは無い
    • EC2, RDSなどに対して提供されている
  • スタンダードとコンバーティブルがある
    • スタンダードは指定したインスタンスの世代で縛りがあるが、コンバーティブルより割引率が大きい
    • t2.smallのインスタンスを契約した場合、t3.smallに変更してもRIは適応されない
    • コンバーティブルはRIの属性を変更できる。ただし、交換できるのは、RI の作成時の価格と同等以上のRIに限られる
  • EC2のリザーブドインスタンスはこんな感じ
    Screen Shot 2020-03-06 at 17.50.30.png

  • 注意点としては、買った後に「やっぱこのインスタンスじゃスペック足らん」となると1年無駄な費用を垂れ流す羽目になるので、事前によく検討すること!

2. Savings Plans

  • 1年または3年間の期間で、1時間あたりの利用費をコミットする事により、コミット分を割引価格で利用する事が可能
  • コミットは柔軟性があり、異なるインスタンスファミリー、リージョン、OS、EC2/Fargate の区別なく割引対象とする事が可能
  • 1年/3年の1時間あたりの利用費のコミットのみで、 従来のリザーブドインスタンスと同等の割引利用が可能というのが新しい要素

3. スポットインスタンスを利用する(EC2向け)

  • EC2に関しては、スポットインスタンスを利用することで費用を抑えられる

4. 各種サービスのインスタンスサイズ縮小や破棄

  • Billingとか見て、費用が大きく掛かってるところから既存リソースを調査して、インスタンスのサイズの見直しなどするのが良さそう

よくやるやつ

  • EC2, ECSのインスタンスサイズ縮小
    • 本番, staging以外はキャパシティ小さくて良さそう
    • 一時的に動かしてるリソースや落ちてもいいEC2インスタンスは、スポットインスタンスを使うようにする
    • RI買う
    • 今後も継続して使うリソースは 1年/前払いなし で契約してもいいと思う
  • RDS
    • 本番以外はReaderクラスターを破棄
    • インスタンスサイズの破棄
    • RI買う
    • 今後も継続して使うリソースは 1年/前払いなし で契約してもいいと思う

参考

yu-croco
Zennに移行中: https://zenn.dev/nameless_gyoza
koska
原価計算をテクノロジーで刷新する
https://www.koska.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away