Java
資格
新人

Java Silver試験受けてみた

Java Silverの試験を受けてみて、面倒な点が多々あったので、
今後受ける人のために試験までのながれをまとめてみました。

(2018年4月27日時点の情報です。)

1. 受ける試験を確認

対応するJavaのバージョンやグレードによって資格が異なります。
スクリーンショット 2018-04-27 06.49.08.png

また、試験申し込みのときは
・問題文が日本語のもの(試験番号 1Z0-808-JPN)
・問題文が英語のもの(試験番号 1Z0-808)
の2種類あるので間違えないように気をつけましょう。

今回受けたのは
「1Z0-808-JPN」です

2. 試験を申し込もう

Java SE 8 Programmer I 試験は、各地のテストセンターにて
専用のパソコンを使って受験します。

試験の予約を申し込むために
https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/oracle.aspx
で「アカウントの作成」をクリックしてアカウントを作りましょう。

アカウントが作成できたら、ログインしたページから
「試験会場での受験」をクリックします。
するとOracle認定試験の一覧ページがでてくるので、
"java"とかで検索をすると、目的の
Java SE 8 Programmer I 試験(試験番号 1Z0-808-JPN)
があるはずなので、クリックして予約を進めましょう。

テストセンターを選択すると、カレンダーから予約する日を選択できます。
好きな日を選択しましょう。

3. 試験結果を確認するための準備をしよう

ピアソンVUEのサイトで試験の予約と支払いを完了すると、
予約内容確認のメールが送信されてきます。

そのメールの中に、「受験する前にCertViewの初回認証をやっておいてね」、
という旨の記載があります。
試験結果はCertViewから確認できるので、
CertViewにログインしておいてねってことです。

初回認証のために「Oracle Testing ID」と「OracleプロファイルのID」
を入力するように要求されます。
CertViewの初回認証は、3回失敗するとサイト上からは行うことができなくなり、
「オラクル認定資格事務局」にメールを出して、確認作業を依頼する必要があります。
⇨自分は結局メール出しました。(オラクルの方ありがとうございました。。)

4. 受験当日

受験に際して必要な物は、本人確認書類2点だけです。
筆記用具とかは必要ありません。
ここのページにある、
https://www.pearsonvue.co.jp/test-taker/Tutorial/Identification-2.aspx
Aグループ、Bグループそれぞれから1点ずつ用意しましょう。

テストセンターに到着したら簡単な手続があります。
・試験に関する同意書に署名
・本人確認書類の提示
・写真撮影
みたいな流れです。

試験予約確認のメールには、開始15分前に到着するよう書いてありますが、
会場が混んでいなければ5分くらいで手続は終わります。

受験用の座席が空いていれば、予約した時間より少し早くても受験させてもらえます。
受験用の部屋は腕時計や飲み物など、私物の持ち込み不可です。
荷物を預けるためのロッカーが借りられます。
試験室に入る前にメモ用紙とペンを渡されます。

  1. まとめ 予約した時間までにテストセンターに行こう。 指定された本人確認書類だけ持ってれば受験できるぞ。

5. 試験結果の確認

回答が終わったら、メモ用紙とペンを返却して、解散です。
自分の会場はメモ用紙でなく、A5サイズの小さなホワイトボードとマジックがメモ用紙がわりでした、、、
しかも、ホワイトボードが埋まって、新しいホワイトボードがほしくても
持っていられるホワイトボードは1つだけのようで、メモが残ったまま別のホワイトボードに交換されてしまいました。
自分は知らなかったので、ちょっと焦りました。。。
まあ会場によるんだとおもうのですけどね、
(ちなみに試験結果はその場では確認出来ません)

試験終了後、30分程度で、
CertView上で試験結果が確認できるようになりました〜
という旨のメールが届きます。

ログインのための、Oracleプロファイルのアカウント情報は
確認できるようにしておくと良いと思います。
CertViewはスマホでも見られます。

  1. まとめ 受験したその場では結果確認出来ないが、 30分程度でCertViewで確認できるようになる。

以上です。
皆様の参考になれば幸いです。