Edited at

Mac OS X に TensorFlowをインストール

More than 1 year has passed since last update.

https://www.tensorflow.org/install/install_mac


インストールするTensorFlowを決定する


  • CPUのみをサポートするTensorFlow

  • GPUをサポートするTensorFlow


TensorFlowのインストール方法を決定する



  • virtualenv


    他のPython開発から隔離された仮想的なPython環境

    同じマシン上の他のPythonプログラムを妨げたり、影響を受けたりすることはない。

    公式サイトお勧め!





  • Native pip


    コンテナや仮想環境システムを経由せずにTensorFlowをシステムに直接インストールします。

    ネイティブのpipインストールは壁が切られていないので、pipインストールは、システム上の他のPythonベースのインストールを妨げたり、影響を受ける可能性があります。





  • docker


    完全にあなたのマシン上の既存のパッケージからTensorFlowインストールを隔離します。

    Dockerコンテナには、TensorFlowとそのすべての依存関係が含まれています。

    ※ Dockerは現在、CPUをサポートするTensorFlowのみをサポート





  • Anaconda


    仮想環境を作成するためにcondaを使用できます。

    ただし、Anacondaでは、pip install コマンドではなく conda installでTensorFlowをインストールすることをお勧めします。

    ※ condaパッケージはコミュニティでサポートされており、公式にはサポートされていません。




  • ソースからインストール



virtualenvでインストールする

VirtualenvでTensorFlowをインストールするには、以下の手順を実行します。

1.端末(シェル)を起動します。このシェルでは、後続のすべての手順を実行します。

2.次のコマンドを発行してpipとvirtualenvをインストールします。

$ sudo easy_install pip 

$ sudo pip install --upgrade virtualenv

3.次の形式のコマンドを発行して、仮想環境を作成します。

$ virtualenv --system-site-packages ターゲットディレクトリ


  1. 次のコマンドのいずれかを発行して、virtualenv環境をアクティブにします。

$ source ターゲットディレクトリ/bin/activate      # If using bash, sh, ksh, or zsh

$ source ターゲットディレクトリ/bin/activate.csh # If using csh or tcsh

前述のsourceコマンドは、プロンプトを次のように変更します

(tensorflow)$

5.システムにpipバージョン8.1以降がインストールされている場合は、次のいずれかのコマンドを実行して、TensorFlowおよびTensorFlowがアクティブなVirtualenv環境に必要とするすべてのパッケージをインストールします。

$ pip install --upgrade tensorflow      # for Python 2.7

$ pip3 install --upgrade tensorflow # for Python 3.n
$ pip install --upgrade tensorflow-gpu # for Python 2.7 and GPU
$ pip3 install --upgrade tensorflow-gpu # for Python 3.n and GPU


TensorFlowの使用が終了したら、次のコマンドを実行して環境を非アクティブにする

(tensorflow)$ deactivate


TensorFlowをアンインストール

$ rm -r ターゲットディレクトリ