Windows
Linux
CentOS
VirtualBox

Windows に Linux 環境を構築

自分用備忘録です(画像は後で追加します)。

Oracle VM VirtualBox をインストール

  1. Windows 用インストーラをダウンロード。
    Downloads – Oracle VM VirtualBox.png

  2. インストーラの指示に従ってインストール(途中の警告は全てagree)。

CentOS をダウンロード

  1. DVD ISO をダウンロード。 Download CentOS.png

どこのミラーサイトでも良い(4GBくらいあるので注意)。
CentOS Mirror.png

仮想環境構築

  1. VirtualBox を起動する。
  2. 「新規(N)」ボタンを押下。
  3. 「名前」は自分が分かれば何でも良い。「タイプ」は Linux。「バージョン」は Red Hat (64-bit)。次へ。
    ※64bit が選択できない場合、BIOS の「Virtualization Technology」を Enabled にしましょう。
    name_os.png

  4. 特別な理由が無ければ「1024MB」で良い。次へ。
    memory_size.png

  5. 「仮想ハードディスクを作成する(C)」を選択。作成。
    harddisk.png

  6. 「VDI (Virtual Disk Image)」を選択。次へ。
    harddisk_type.png

  7. 「固定サイズ(F)」を選択。次へ。
    strage_size.png

  8. ディレクトリ名は一意である必要があるので、同 OS を複数作成する予定がある場合はそれを加味する。サイズは特別な理由が無ければ「8.00GB」で良い。作成。
    directory_size.png

  9. 仮想環境が作成される。
    top.png

CentOS インストール

  1. 作成した仮想環境を選択した状態で「起動(T)」ボタンを押下。
  2. 起動ハードディスクを聞かれるので、ダウンロードした ISO ファイルを選択。起動。
  3. しばらくするとようこそ画面が表示される。「日本語」を選択して「続行(c)」ボタンを押下。
    step11.png

  4. 「インストール先(D)」を選択。
    step12.png

  5. 特に何もせず「完了(D)」ボタンを押下。
    step13.png

  6. 「ソフトウェアの選択(S)」を選択。
    step21.png

  7. 「GNOME Desktop」を選択して「完了(D)」ボタンを押下。
    step22.png

  8. 「ネットワークとホスト名(N)」を選択。
    step14.png

  9. ネットワークを「オン」にして「完了(D)」ボタンを押下。
    step15.png

  10. 「インストールの開始(B)」ボタンを押下。
    step23.png

  11. 完了したら、「ROOTパスワード(R)」を選択。
    step16.png

  12. root パスワードを設定して「完了(D)」ボタンを押下(弱すぎますと言われたら再度ボタン押下)。
    step18.png

  13. 「設定完了(F)」ボタンを押下。
    step19.png

  14. 完了したら、「再起動(R)」ボタンを押下。
    step20.png

  15. しばらくすると GNOME の初期セットアップ画面が表示される。「LICENSE INFORMATION」を選択。
    step24.png

  16. 「ライセンス契約に同意します。(A)」をチェックして「完了(D)」ボタンを押下。
    step25.png

  17. 「設定の完了(F)」ボタンを押下。
    step26.png

  18. 「日本語」を選択して「次へ(N)」ボタンを押下。
    step27.png

  19. 「日本語」を選択して「次へ(N)」ボタンを押下。
    step28.png

  20. 位置情報サービスを「オフ」にして「次へ(N)」ボタンを押下。
    step29.png

  21. 「UTC+00」の都市を選択して「次へ(N)」ボタンを押下。
    step30.png

  22. 「スキップ(S)」ボタンを押下。
    step31.png

  23. ユーザ名を入力して「次へ(N)」ボタンを押下。
    step32.png

  24. パスワードを入力して「次へ(N)」ボタンを押下。
    step33.png

  25. お疲れさまでした。
    step34.png

ネットワーク設定

  1. 仮想環境を起動していたらシャットダウンする。
  2. VirtualBox マネージャーで、仮想環境を選択している状態で「設定(S)」ボタンを押下。
  3. ネットワークの「アダプター1」が「NAT」になっていることを確認する。 step51.png
  4. 「アダプター2」を有効化し、「ホストオンリーアダプター」を選択して、「OK」ボタンを押下。 step52.png