Help us understand the problem. What is going on with this article?

python初心者がIT企業にインターンしてみた[3日目 雲行きが・・・]

昨日疲れすぎて投稿できんやったから今日投稿する

衝撃の事実

今日も元気よく出勤。今日の昼飯は俺の好きなカレーパンだ。なんて呟いているおじさんを横目に、コーヒーを購入(俺かと思ったか)。
それはさておき、いつも通り朝の打ち合わせがあったが、そこでまさかの事実を聞かされる。「来週までに企画提案書を提出してね。あとその企画をクライアントにプレゼンしてもらうからよろしく。」
What a fork!!!(good placeより引用)

AIをつかったチャットボット 開発?

打ち合わせで企画をプレゼンすることになったのだが、その内容はAIを使ったチャットボット。それを聞かされて一日が始まったわけだが、何もわからないためまずチャットボットサービスの比較表を作った。会社にデータがあるため載せられないけど、軽く紹介しよう。

チャットボットとは?

チャットボットは人間が入力するテキストや音声に対して、自動的に回答を行うことで、これまで人間が対応していた「お問い合わせ対応」「注文対応」などの作業を代行することができる。(まるまるコピー)
https://ferret-plus.com/8998 チャットボット とは

チャットボット の中にも色々タイプが分かれていて、

選択肢タイプ
ログタイプ
ハッシュタイプ
Elizaタイプ

ここの説明は先にはったリンクを参照してくれ。

クライアントの抱える問題は社内のお問い合わせ問題である。例えば、「エクセルの使い方わかりません」「なぜこの会社のトイレットペーパーはシングルなんですか?」などのしょうもない質問をいちいち管理部が聞いてられないという問題だ。そこで、チャットボット ですべて解決してもらいたいとのこと。いつかは人件費も削減したいしうちの会社もそろそろAIを導入じゃ的な?
しかし、この問題インターン生に解決させる?聞くところによるとIT企業ではあるものの、まだAIに手を出した人はいないらしく、どうせできないんだったらインターン生に投げてみようぜ的なやーつーである。
これで来週までに企画書だと?笑かしよるわ、俺にできないことなどナーーーイ(完全にバカ)。
なんやかんやで承諾した俺は今日土曜日に、プログラミングメンターサイトに面談を予約して相談してみた。

scalaとpython またはGoとpython

私が予約したのは、チャットボット(AI)の開発経験のある方であった。なにいっているかわからなかったところが多いので、メモったキーワードだけ書いておく。

フルスクラッチ
gcp dialog flow
Go
scala
python
UX的
全言語検索
全文章をベクトル化
モデルに学習させる
テキストをグルーピング

てな感じである。

まあ明日はこのキーワードをつかってめちゃくちゃ調べて勉強しようかなと思う。

終わりに

毎日1時間の英会話(友達のネパール人と無料で)して30分メンターさんと面談して、いろんな人と会うために動き回っていると睡眠は気絶するようにねむることができる。毎日疲れるが、人生で一番充実していてとても楽しい。このように忙しくなれたのは、人と出会いまくって得ることができた機会である。皆さんにも人と出会いまくっていろんな体験ができるよう願っております。
2日目の乱雑でごめんな

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした