Help us understand the problem. What is going on with this article?

python初心者がIT企業にインターンしてみた[一日目 開発工程]

ウォーターフォール開発

朝の打ち合わせ

とりあえずスーツで出勤した私は部長にすぐさま、「私服でいいのに」と笑われた。おいいいいい。
出勤はしたものの、何をするか全く知らない私は、打ち合わせで衝撃を受けた。このインターンでは、多くのことは知らされず、キーワードなどは伝えるけどその他は自分で調べて進めていくというもの。その意図は、おそらく自己解決能力を鍛えるものだと思う。この一ヶ月半で大きく成長できることを確信した。このインターンを紹介してくれた先輩に感謝したい。ありがとうございます。

最初のキーワードはウォーターフォールモデル

打ち合わせで知らされたのは開発工程ガイダンスとウォーターフォールモデルというキーワードだけである。昼にもう一度打ち合わせをやるから、それまでにその打ち合わせを有意義に活用できるように必要事項をまとめて発表してもらうからとのこと。
時間は朝の十時。打ち合わせは一時。さてまずはオフィスを入れなければな。
オフィスを入れた頃には十一時。やばい。

ウォーターフォールモデルとは

ウォーターフォールモデルとアジャイルモデル

開発工程には二つのモデルがあり、アジャイルモデルとウォーターフォールモデル。アジャイルモデルは、書類などは特に用意せず、実装とテストを繰り返すモデルである。アジャイルとは素早いという意味で、その名の通り従来のウォーターフォールモデルよりも早く開発できるというメリットがある。その反面、できたシステムを顧客が他の会社にまかせたいと考えたときに移行が難しい。それは、書類などを作ってないため詳細がわからないのである。近年はこちらの開発方法の方が主流らしい。
一方、ウォーターフォールモデルは入念に計画し、詳細に書類を作成して後から変更の内容に詰めていく作業が主である。実装の前の段階でものすごく時間がかかる。後でリンクも貼るがサンプルをみると驚愕する。こんなのをいちいち作るのかと頭がおかしくなりそうである。メリットは目的にあったものを正確に作れる。しかし、デメリットはとにかく時間がかかることと、後から変更しようと思ったらこれもまた莫大な時間がかかる。

ウォーターフォールモデルの中身

ざっと中身を説明しよう

1,要件定義
2,基本設計
3,詳細設計
4,実装
5,単体テスト
6,結合テスト
7,システムテスト

時間の割合は 1,2,3で5割、4で2割、5,6,7で3割である。実装までにとても時間がかかることが
わかるだろう。

要件定義とはなんぞや?要件定義書どうやって書くの?

とりあえず今日はこれからどうやっていくかを決めるために色々時間が有る限り調べる日ではあったのだが、要件定義を調べることは少し苦労した。調べるだけなら簡単なのだが、書く立場になってみて欲しい。どうやって書くのんや。とりあえず、要件定義書の中身も調べたので紹介しよう。

1.業務要件の定義
1-1.業務概要
1-2.規模
1-3.時期・時間
1-4.場所
1-5.管理すべき指標
1-6.システム化範囲

2.機能要件の定義
2-1.システム機能要件
2-2.画面要件
2-3.帳票要件
2-4.情報・データ要件
2-5.外部インターフェース要件

3.非機能要件の定義
3-1.ユーザビリティ及びアクセシビリティ要件
3-2.システム方式要件
3-3.規模要件
3-4.性能要件
3-5.信頼性要件
3-6.拡張性要件
3-7.上位互換性要件
3-8.継続性要件
3-9.情報セキュリティ要件
3-10.情報システム稼働環境要件
3-11.テスト要件
3-12.移行要件
3-13.引継ぎ要件
3-14.教育要件
3-15.運用要件
3-16.保守要件

これらをすべて整理して初めて要件定義完了なのである。

明日はこの中身を埋めるために朝の9時からミーティングがある。今日はこれまでにしておこう。

みてくれてありがとうな
閲覧数だけが書くモチベーションになる!

https://pm-rasinban.com/rd-process 要件定義について

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした