Laravel5.1の設定しました。

タイムゾーンなどを設定

config\app.php
    'timezone' => 'Asia/Tokyo',
    'locale' => 'ja',

いじらない

このファイルはそのまま。後述の.envファイルの設定を読み込んでくれるらしくいじらなくてもよいらしい。

config\database.php
        'mysql' => [
            'driver'    => 'mysql',
            'host'      => env('DB_HOST', 'localhost'),
            'database'  => env('DB_DATABASE', 'forge'),
            'username'  => env('DB_USERNAME', 'forge'),
            'password'  => env('DB_PASSWORD', ''),
            'charset'   => 'utf8',
            'collation' => 'utf8_unicode_ci',
            'prefix'    => '',
            'strict'    => false,
        ],

いじる

\.env
       DB_CONNECTION=mysql
       DB_HOST=127.0.0.1
       DB_DATABASE=Laravel5.1
       DB_USERNAME=root
       DB_PASSWORD=''

xammp環境なのですが、127.0.0.1のpassを設定するとうまくいかず、試しにlocalhostユーザのパスワードを設定したらphpmyadminに入れなくなり、その際、他の設定ファイルをいじる必要があったため今回は、パスワードなしにしました。
必要があれば今後調査したいです。

ためす

$ php artisan migrate // table作成
$ php artisan tinker // 確認

>>> App\User::all()->toArray();
=> []
>>>

おそらく正常。

大変参考になりました。
初めてのLARAVEL 5.1 : (6) データベースの環境設定
https://laravel10.wordpress.com/2015/02/21/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E8%A8%AD%E5%AE%9A/#more-269

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.