Help us understand the problem. What is going on with this article?

Jenkinsで条件分岐できるプラグイン

More than 5 years have passed since last update.

Jenkinsで、ある条件の時に何かさせたいということがあります。
そういうときはまず以下のプラグインを試しましょう。

  • Conditional Build Step
  • Flexible Publish

提供されている条件分岐の方法

  • ファイルの有無
  • 環境変数
  • スクリプトの戻り値

など10種類ぐらいあります。複数条件の組み合わせも可能です。

プラグイン2つの違い

プラグイン 対象
Conditional Build Step ビルド処理欄
Flexible Publish ビルド後の処理欄

便利な使い方

下流のビルドを呼び出す部分にAlways/Neverを設定し、
次のビルド実行をON/OFFできるようにしておくと、ビルド自体のテストが楽になります。

また条件分岐は実行スクリプトよりもJenkinsに集約したほうが見やすくなると思います。

yoshi-taka
QiitaにはWeb(特に日本語)に少ない情報を書いています。 得意なのは要件定義とスケジューリングとSRE周りと各種パイプライン改善。 最近の関心事は組織設計、組織改革、チェンジマネジメント、5年後の予測とそれに向けたコンセプト作成。FinBizDevSecTestOpsエンジニアとして会社全体のパイプライン最適化を目指す
https://twitter.com/ask_yoshi_taka/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away