Help us understand the problem. What is going on with this article?

Microsoft Project Oxford FaceAPI V1.0の翻訳

More than 3 years have passed since last update.

ちょっと翻訳が変なところもあるけれど、非エンジニアの妻が翻訳してくれた。

せっかくなので載せたいと思う。

(翻訳とかこういうのを載せちゃいけないのならどなたか教えて欲しい)

FaceAPIの概要についてのところを翻訳してある。

スクリーンショット_011716_082052_PM.jpg

Detect
Find Similar
Group
Identify
Verify

についてのところになる。

Face API (v1.0) 翻訳

Face – Detect(検出)

Detect human faces in an image and returns face locations, and optionally with face ID, landmarks, and attributes.
イメージの中に人の顔を見つけ、顔の位置、任意で face ID、
landmarks(目印)、attributes(特性)をリターンする。

Optional parameters for returning face ID, landmarks, and attributes. Attributes
include age, gender, smile intensity, facial hair and head-pose. Face ID is for other
APIs use including Face - Identify, Face - Verify, andFace - Find Similar. The face ID
will expire in 24 hours after detection call.
Face ID、landmarks、attribute をリターンすることは任意のパラメーターである。
Attribute は年齢、性別、笑顔、ひげ、頭の形を含む。Face ID は Face Identify、Face Verify、Face-Find Similar を含んでいるほかの API である。Face ID は検出コール後 24時間で消える。

・ JPEG, PNG, GIF(the first frame), and BMP are supported. The image file size
should be no larger than 4MB.
JPEG、PNG、GIF、BMP が使える。イメージファイルサイズは 4MG 以下。

・ The detectable face size is between 36x36 to 4096x4096 pixels. The faces out
of this range will not be detected.
検出可能な顔のサイズは 36*36 から 4096*4096 ピクセルの間。このサイズ以外
は検出されない。

・ A maximum of 64 faces could be returned for an image. The returned faces
are ranked by face rectangle size in descending order.
最大 64 の顔をイメージにリターンすることができる。リターンされた顔は顔のサイ
ズが大きな順に順位づけされる。

・ Some faces may not be detected for technical challenges, e.g. very large face
angles (head-pose) or large occlusion. Frontal and near-frontal faces have
the best results.
いくつかの顔は技術的な問題(とても大きな面角または顔が隠れている)で検出で
きないかもしれない。正面、正面近い顔がベストである。

・ Attributes (age, gender, headPose, smile and facialHair) are still experimental
and may not be very accurate. HeadPose's pitch value is reserved as 0.
Attributes(年齢、性別、頭の形、笑顔、顔ひげ)はまだ実験的で、正確ではない。

Face - Find Similar(類似性を見つける)

Find similar - looking faces for a query face from a list of candidate faces (given by a face list or a face ID array) and return similar face IDs ranked by similarity. The candidate face list has a limitation of 1000 faces.
(face list または face ID array によって与えられる)候補の顔のリストから問い合わせの顔を探しだす、そして類似性によってランク付けされた似ている face ID をリターンする。候補の顔のリストは最大 1000 の顔をもつ。

Face – Group(グループ)

Divide candidate faces into groups based on face similarity.
候補の顔を顔の類似性に基づくグループに分ける

・ The output is one or more disjointed face groups and a messyGroup. A face group
contains faces that have similar looking, often of the same person. Face groups are
ranked by group size, i.e. number of faces. Notice that faces belonging to a same
person might be split into several groups in the result.
アウトプットは 1 個以上のバラバラの顔のグループと messy group からなる。1 つのグループは似ている顔からなる。顔のグループはグループのサイズ(たとえば顔の数)によって順位づけされる。結果的に同じ人の顔に属する顔はいくつかのグループに分割されるかもしれない。

・ MessyGroup is a special face group containing faces that cannot find any similar
counterpart face from original faces. The messyGroup will not appear in the result if
all faces found their counterparts.
MessyGroup は元の顔からいかなる似た顔も見つけることができない顔が含まれる特別な顔のグループである。結果的にもしすべての顔が相当する顔を見つけられたらMessyGroup は表れない。

・Group API needs at least 2 candidate faces and 1000 at most. We suggest to try Face
- Verify when you only have 2 candidate face
Group APIは少なくとも 2つの候補の顔、多くとも 1000 の候補の顔が必要である。2つの候補だけのときは Face-Verify しようとする。

Face – Identify(確認する)

Identify unknown faces from an person group.
人のグループから知らない顔を確認する。

For each face in the faceIds array, Face Identify will compute similarity for the face among all faces within a person group (given by personGroupId), and returns candidate person(s) for that face ranked by similarity confidence. The person group should be trained to make it ready for identify.
faceID array にある各顔について、Face Identify は(personGroupId によって与えられる)人のグループ内のあらゆる顔の中で類似性を計算する、そして類似性の高さによって順位づけされた顔から候補の顔をリターンする。人のグループは確認する準備をするように train されるべきだ。

Remarks:
・ The algorithm allows more than one face to be identified, but the no more than 10 faces.
アルゴリズムは確認されるべき一つ以上 10 以下の顔を割り当てる。

・ Each person in the person group could have more than one face, but no more than 64 faces.
人のグループの各人は一つ以上 64 以下の顔をもつことができる。

・ Identification works well for frontal faces and near-frontal faces.
確認には正面の顔と正面に近い顔がよい。

・Number of candidates returned is restricted by maxNumOfCandidatesReturned. If
no person is identified, the candidate returned will be an empty array.
リターンされる候補の数は maxNumOfCandidatesReturned に制限される。

・ Try Face - Find Similar when you need to identify similar faces from a face list instead
of a person group.
人のグループに代わって顔のリストから似た顔を確認する必要があるときは Face-Find Similar をトライする。

Face – Verify(検証する)

Verify whether two faces belong to a same person. 2 つの顔が同じ人に属するかどうか検証す
る。

Remarks:
・ Verify works well for frontal and near-frontal faces.
検証には正面、正面に近い顔がよい。

・ For the scenarios that are sensitive to accuracy please use with own judgment.
正確性を求める場合は自ら判断してください。

以上

自分でもNode.js(Hubot)でごにょごにょやってみた。
Macで起動させたbotに、チャット経由でAPIを叩くようにしてみた。
MacのiSightカメラはこういうときに使うのかと。
会社の人たちの顔認証がうまくいって満足しちゃって、その日の帰宅後に上記の翻訳が送られてきたので、実のところは・・・。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away