画面遷移をVC外で管理するパターンの参考資料

  • 36
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

この記事は

勉強会で発表した「画面遷移の管理とMVVM」の補足資料です。
https://speakerdeck.com/yoching/hua-mian-qian-yi-falseguan-li-tomvvm

参考資料

補足

CoordinatorとViewModel、もしくはCoordinatorとViewController間の通信には、以下のような方法があるかと思います。

  • delegate
  • closureを渡す
  • FRPライブラリなどを利用する(オブザーバーパターン)

どの方針で実装しても、本質的には差異はないと思いますが、書き方が異なります。上で上げた参考資料では、closureを渡して通信する方法が多いと思います。

自分のプロジェクトではFRPライブラリ(ReactiveCocoa)を使用しています。そのため、上の資料を一通り眺めたあと、ReactiveCocoaを利用する方法で自分で書いて行っています。

また、Coordinator間で共通処理がある場合(違う場所に同じVCが出る場合など)には、Protocolで共通処理を記述することも行っていますが、それはまた別の機会にまとめようと思います。