Help us understand the problem. What is going on with this article?

VisualStudio2017でODEシミュレータ

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

ODEとは正式名称「Open Dynamics Engine」のオープンソースな動力学計算ライブラリです。ロボットなどのシミュレータとして使用できます。
インストールの情報はいくつか存在しますが、VS2017へのインストール方法はなかったためメモ的に記載します。
サンプルをビルドして動作確認するところまで行ないます。

公式サイト:ode.org

環境

Windows7とWindows10で確認
Visual Studio 2017 community
ODE 0.13

使うもの

Visual Studio 2017 community(無料なのでcommunityを使用しました)
ODE 0.13
解凍ソフト(Lhaplusなど)
cmd.exe(コマンドプロンプト)

やり方

  • ODEを以下からダウンロードします。
    ode-0.13.tar.gz

  • ダウンロードした.gzファイルを解凍する。
    今回はLhaplusを使用しましたが解凍できればなんでも大丈夫です。

  • コマンドプロンプトを開いて、cdコマンドなどでode-0.13フォルダ内のbuildフォルダへ移動する。
    cドライブ直下に解凍したときは以下の通り。

cd c:/ode-0.13/build
  • premake4コマンドを使ってライブラリを作成する。

vs2010用のファイルを作成していますが、vs2017で読み込む時に自動的に変換されるため問題ありません。

premake4 --with-demos --with-libccd vs2010
  • VisualStudio2017を起動する。

  • 「プロジェクト/ソリューションを開く」からode.slnを開く。
    場所はc:/ode-0.13/build/ode.slnにある。buildフォルダ内には40個くらいのデモプロジェクトも含まれています。

  • プロジェクトの再ターゲットを行なう。
    vs2010プロジェクトをvs2017で使うため。少し時間がかかるので待つ。
    再ターゲット.png

  • 「ソリューションのビルド」を実行しサンプルプロジェクトをビルドする。
    40個くらいのサンプルがあるため結構時間がかかる。不穏な出力があるがwarningのためbuildは正常終了する。しない場合はエラー出力を確認しましょう。

  • サンプルを実行してみる。
    ソースファイルと別の場所(ode-0.13内のlibフォルダ)に実行ファイルができる。
    c:/ode-0.13/lib/DebugDoubleDLL/demo_*.exe

今回はdemo_basket.exeを実行。
demo_basket.gif

おわりに

ODEは簡単に物理演算シミュレーションができ、きれいなグラフィックでその動作を確認することができます。プラットフォームもWindowsだけでなくLinuxやMacでも動作可能です。

それでは、よきODEライフを!

ymsk_sky
bootstrap, vue, laravel, mysql, docker学習中。バックエンド寄りフルスタックエンジニアになりたい!業務はだいたいpython。VR/ARも最近興味ありガジェット系も好きだよ。2020/01/01~毎日草生やし中...
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした