1. ymmtmdk

    No comment

    ymmtmdk
Changes in tags
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,11 +1,18 @@
# はじめに
Gemfileを使ってgemを管理してるプロジェクトで、日常的にbundle exec 何々ってやってて、alias be='bundle exec'とかしてるけど、beすら打つのが面倒、って状況よくありますよね。
# 結論から
-2013/12/26にリリースされたRubyGems 2.2.0以降であれば、環境変数で```RUBYGEMS_GEMDEPS=-```とすることでbundle execを使わなくてもGemfile(もしくはgem.deps.rb)を読んでくれる
+2013/12/26にリリースされたRubyGems 2.2.0以降であれば、環境変数で```RUBYGEMS_GEMDEPS=-```とすることでbundle execを使わなくてもGemfileを読んでくれる。
+
+# 少し追記
+RUBYGEMS_GEMDEPSは"gem dependency file"へのパスを指定する機能。```RUBYGEMS_GEMDEPS=MyGemfile```であればカレントディレクトリからMyGemfileを読むことになる。カレントディレクトリからの相対パス、絶対パスともに使用可能。存在しないファイルを指定してもエラーは出ないので注意。
+
+"-"だけが特別な指定方法でこれの場合、カレントディレクトリからgem.deps.rb,Gemfile,Isolateのいずれかを探し、見つからなければ親ディレクトリからこの3つを、まだなければ親の親から、と祖先のディレクトリをたどって探す。
+
+またbundlerのGemfileで使えていたすべての記法が使えるわけではない?みたいなのでそこもご注意
# 以下蛇足
rvm環境を作り直してて、bundle exec省く設定どうするんだっけとググると、
.rvm/hooks/after_cd_bundlerとbundle install --binstubsを組み合わせる方法が出てくる。