Help us understand the problem. What is going on with this article?

忘れるな、telnet towel.blinkenlights.nlはいつも君と共にある。

みなさん、こんにちは。
エンジニアパダワン@ym1KB(ゆみわんけのーび)です。

この記事は、Mikatus Advent Calender14日目の記事になります。Star Warsが好きですし、ep.9の公開も近いので、Star Warsネタの記事を書いてみました。

ためしてみる

違う!やるか、やらぬかだ。ためしなどいらぬ。

ご存知の方も多いとは思いますが、telnetを使ってStar WarsのAA(ASCII Art)をみます!

出撃準備!telnetと共にあれ!

検証環境 -> macOS Mojave ver10.14.6

terminalからtelnet接続します。コマンドを実行!
May the telnet towel.blinkenlights.nl be with you!

全マシン、報告しろ

スタンバイ!

telnetコマンドがなくて接続できなかった場合はbrew install telnetを実行してみてください。
難しい方はこちらのサイトでStar WarsのAAをみることができます。

突入を開始しろ!

(でっでっ でっでっ どぅるるるる でっでっ!例の曲を頭の中で流してみてください。)
20thcentury.png

(ここは沈黙)
longtimeago.png

は、始まった〜〜〜!
starwarstitle.png

オープニングロールだ〜〜〜ep.4が見れるんですね!
epIV.png

これは!スター・デストロイヤーに襲撃を受けているタンティブIVではないですか!
タンティブIV.png

べ、ベイダー…AAにするとすごみがなくなりますね!
beider.png

レイアとR2D2!これはデス・スターの設計図を渡しているところですね。ローグ・ワンをみてから、R2D2に設計図を渡すシーンをみると、ちょっと泣けます…。設計図を手に入れるためにいろいろありました。
reiaToR2D2.png

R2D2&C3POコンビ!
R2andC3.png

Star WarsをAAでみることができました!続きはぜひお手元のPCでみてみてください。

実によくできたAAでした

AAを終わらせる場合は、control + ]のあとにquitしてみてください。

イヤな予感がする…

telnetというのは、サーバーを遠隔操作するための仕組みですが、telnetを使用するときは用心が必要です。これは、通信中の情報が暗号化されないためです。デス・スターの換気ダクト並みに脆弱な構造になっています。現在はほとんど使われていません。(現在はssh接続が主流。)

おしまいだ

この記事を読んだ人が「ふふっ」となってくれれば幸いです。
明日は@gsc422118さんです。よろしくお願いします!

参考文献に感謝!

仕事で役に立たない!Linuxネタコマンド集
これはすごい!telnetで利用出来るサービス4個

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした