1. ykhirao

    No comment

    ykhirao
Changes in title
-3分でJSONを返す無料APIを作る方法
+JSONを返す無料APIを3分で作る方法
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,33 +1,42 @@
# JSONを返す無料APIを3分で作る方法
-* 読書対象者
+## はじめに
+
+この記事の読書対象者は以下のようなエンジニアです。
+
* Ajaxで叩くAPIを用意してあげようとしている新人教育中の優しい先輩
* なんかのサンプルアプリを作っているときのモックとして
-## Google Apps Script(GAS)を使う
+## API作成
+
+Google Apps Script(GAS)を使う方法と既存のWebサービスを使う方法があるので、この2種類を紹介しようと思います。
+
+### Google Apps Script(GAS)を使う
以下のコードをGASに貼り付けて、「公開」「ウェブアプリケーションとして導入」を押して発行されたURLを叩くと文字列のJSONが返ってくる。
```js
function doGet(e) {
return ContentService.createTextOutput(JSON.stringify({'name': 'Qiita'}))
.setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
}
```
![スクリーンショット](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/112929/24a66c74-687a-b18a-017f-5aa59d0e73b6.jpeg)
参考: <https://developers.google.com/apps-script/guides/content#serving_json_from_scripts>
-## MyJSONというWebサービスを使う
+### MyJSONというWebサービスを使う
無料Webサービスではこれが簡単かと思います。<http://myjson.com/>
```shell
curl https://api.myjson.com/bins/f36ox
# {"k":"v"}
```
## 終わりに
AjaxとかAPIとかよくわかってなかった時期がありました。それくらいのレベルの人に教えるときに先輩エンジニアが「API作っといたのでこれ自由に叩いていいよ」って感じの世界素敵ですね!!
+
+それでは素敵なGASライフを!!