Posted at

Gitの超基本的コマンドのまとめ

プログラミング入門者です。

ここでは、Gitについて解説します。

参考にしたのはいつもお世話になっております、ドットインストールのGit入門。

やっぱ動画が分かりやすいです。

それでは、Gitを使っていきましょう!

インストールなどは他のサイトで詳しく紹介するので、そちらを参考にしてください。

その前に、軽くGitについて説明します。

〇Gitとは?

バージョン管理システムの1つで、組織でアプリやシステムを共同開発するのに欠かせない存在。

プログラマーの作業を分担したり、分担した作業をまとめたりします。




それでは、コマンドの紹介。

git init

ディレクトリを作成したら最初にこれが必要。

「このディレクトリをgitで使うぞ~」と宣言する。これで宣言したら、これ以降の作業にはgitコマンドを用いる。

git status

今いるファイルがどんな状況か確認できる。

次にどんな作業をすればいいのかも教えてくれるので便利。

git add .

git log //ファイルの概要を表示

addで今のディレクトリにあるファイルをすべてステージングエリアに上げます。

*ステージングエリア:作業エリアと変更エリアの間。一時的にセーブするイメージです。一時的にセーブしているので、削除や移動が簡単です。ここがgitの良い所です。

git rm

git mv

さらに、addの取り消しや、取り消しの取り消しもできます(ややこしい)。

git reset --hard HEAD  //直前のaddを取り消す

git reset --hard HEAD^ //2個前のaddを取り消す
git reset -- hard ORIG_HEAD //直前のresetを復元




問題がなければ、リポジトリ(記録が保管されるデータベース)に完全にセーブします。

git commit -m "コメント"

commitを使います。コメントには、「ここを変更しましたよ~」ということを書きます。

ある程度作業を終えたら、どんどんコミットしましょう。

次に、ブランチについて解説。

ブランチ=枝で、色々なところに枝分かれさせて作業できます。

git  checkout hoge

hogeにはブランチ名を入れます。

例えば、hogeとhogehogeという2つのブランチがあったとします。

この時に、hogeで作業した内容はhogehogeに影響しません。

そのため、異なる複数の作業を同時進行したり、色々なことを試したりできます。

作業をしていて、「2つのブランチをまとめたい」となったらマージします。

git checkout hogehoge //マージしたい大元のブランチに移動

git merge hoge //hogeの内容をhogehoegに反映




今回は基本的なコマンドだけでしたが、このようにgitを扱っていきましょう!