1. yasulab

    No comment

    yasulab
Changes in body
Source | HTML | Preview

Screenshot

ScreenX TV は、あなたのターミナル画面を配信するためのウェブサービスです。ハッカソンの中継や講義/勉強会の配信、また、ペアコードリーディングなどの場面で活用することができます。

1. 配信の準備

ScreenX TV の配信ツールをインストールすることで、いつでもターミナルを配信することができるようになります。配信ツールには、Ruby版とGCC版の2つがあります。なお、いずれの配信ツールにおいても、screen コマンドをインストールしておく必要があります。

Screen コマンドのインストール方法

  • Mac OS X: brew install screen
  • Linux: sudo aptitude install screen
  • Windows: Cygwin 上でインストールする(参考)。

Ruby版配信ツールのインストール方法(推奨)

  1. Ruby 1.9(またはそれ以上)と RubyGems をインストールします。
  2. RubyGems を使って screenxtv コマンドをインストールします。

    gem install screenxtv

  3. 以後、screenxtv コマンドを実行することで、ターミナルを配信することができます。

GCC版配信ツールのインストール方法

  1. 配信ツールのソースファイルを GitHub からダウンロードします。

    git clone https://github.com/tompng/screenxtv-gcc-client.git

  2. ダウンロードしたソースファイルへ移動し、コンパイルします。

    cd screenxtv-gcc-client

    make

  3. 以後、配信ツールを起動することで、ターミナルを配信することができます。

    ./screenxtv-gcc-client

2. 配信の開始

  1. 配信ツールを起動します。

    • Ruby版: screenxtv
    • GCC版: ./screenxtv-gcc-client
  2. 必要な項目(配信URL、タイトルなど)を入力してします。

    ss-start

  3. 最後に Enter キーを押すと、配信が開始されます。

配信の停止/再開

  1. Screen のセッションから exit することで、配信を停止することができます。

    NOTE: exit してから10分間以内であれば、いつでも配信を再開することができます。

    ss-stop

  2. 再び配信を開始したい場合は、再度配信ツールを起動して下さい。

    ss-resume

参考情報

他、オプションなどの情報については、次のページやソースコードを参照してください。