1. yasulab

    No comment

    yasulab
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,104 +1,104 @@
-
-[![Screenshot](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/ss-screenxtv.png)](http://screenx.tv)
-
-[ScreenX TV](http://screenx.tv/) は、あなたのターミナル画面を配信するためのウェブサービスです。ハッカソンの中継や講義/勉強会の配信、また、ペアコードリーディングなどの場面で活用することができます。
-
-## 1. 配信の準備
-
-ScreenX TV の配信ツールをインストールすることで、いつでもターミナルを配信することができるようになります。配信ツールには、Ruby版とGCC版の2つがあります。いずれの配信ツールにおいても、[screen コマンド](http://www.gnu.org/software/screen/)をインストールしておく必要があります。
-
-### Screen コマンドのインストール方法
-- Mac OS X: `brew install screen`
-- Linux (Ubuntu or Debian): `sudo aptitude install screen`
-- Windows: Cygwin 上で [Screen コマンド](http://directory.fsf.org/wiki/Screen) をインストールする。
-
-### Ruby版配信ツールのインストール方法(推奨)
-0. [Ruby 1.9](http://www.ruby-lang.org/ja/downloads/)(またはそれ以上)と [RubyGems](http://rubygems.org/pages/download) をインストールします。
-1. RubyGems を使って `screenxtv` コマンドをインストールします。
-
- `gem install screenxtv`
-
-2. 以後、`screenxtv` コマンドを実行することで、ターミナルを配信することができます。
-
-### GCC版配信ツールのインストール方法(Ruby版がうまくいかないとき用)
-
-1. 配信ツールのソースコードを GitHub からダウンロードします。
-
- `git clone https://github.com/tompng/screenxtv-gcc-client.git`
-
-2. ダウンロードしたソースコードへ移動し、コンパイルします。
-
- `cd screenxtv-gcc-client`
-
- `make`
-
-3. 以後、配信ツールを起動することで、ターミナルを配信することができます。
-
- `./screenxtv-gcc-client`
-
-
-## 2. 配信の開始
-
-1. 配信ツールを起動します。
- - Ruby版: `screenxtv`
- - GCC版: `./screenxtv-gcc-client`
-
-2. 必要な項目(配信URL、タイトルなど)を入力してします。
-
- ![ss-start](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/ss-start.png)
-
-3. 最後に Enter キーを押すと、配信が開始されます。
-
-
-## 3. 配信の停止/再開
-
-1. Screen のセッションから `exit` することで、配信を停止することができます。
-
- NOTE: `exit` してから__10分以内__であれば、いつでも配信を再開することができます。
-
- ![ss-stop](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/ss-stop.png)
-
-2. 再び配信を開始したい場合は、再度配信ツールを起動して下さい。
-
- ![ss-resume](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/ss-resume.png)
-
-## プライベート配信(Ruby版配信ツール専用機能)
-
-また、最新のRuby版配信ツール (ver. 0.0.9) からは、-p オプションでプライベート配信が出来るようになりました。詳細は --help または次の Usage を参照してください。
-
-```
-Usage:
- screenxtv [options]
-
-Options:
- -u, [--url] # Select a url (e.g. yasulab, tompng)
- -c, [--color] # Select a color (options: black/white/green/novel)
- -t, [--title] # Select a title (e.g. Joe's Codestream)
- -r, [--reset] # Reset your default configuration (e.g. url, color, title)
- -f CONFIG_FILE # Path to a preset configuration
- -p, [--private] # Broadcast your terminal privately (anyone who has the link can access)
- -h, [--help] # Show this help message and quit
- -v, [--version] # Show ScreenX TV Ruby Client version number and quit
-```
-
-## 独自URL/ログ機能
-
-他にも、ユーザアカウントを作ることで、独自のURL(他の配信者には使えないURL)を取得したり、配信中のコメントのログを残したりすることができます。
-
-![user-account](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/user-account.png)
-
-## 欲しい機能や要望などがありましたら
-
-次項のレポジトリから issue を作成したり、 pull request を送ってください :-)
-
-### サンプル
-![issue](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/issue.png)
-
-## レポジトリ・記事など.
-
-- [ScreenX TV Document](http://screenx.tv/doc/howto)
-- [ScreenX TV Ruby Client](https://github.com/tompng/screenxtv-ruby-client)
-- [ScreenX TV GCC Client](https://github.com/tompng/screenxtv-gcc-client)
-- [ScreenX TV vs Codestre.am](http://joequery.me/code/screenx-tv-first-impressions/)(英語記事)
-- [中の人達による中の解説動画](http://blog.yasulab.jp/2013/02/screenx-tv-ruby.html)
+
+[![Screenshot](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/ss-screenxtv.png)](http://screenx.tv)
+
+[ScreenX TV](http://screenx.tv/) は、あなたのターミナル画面を配信するためのウェブサービスです。ハッカソンの中継や講義/勉強会の配信、また、ペアコードリーディングなどの場面で活用することができます。
+
+## 1. 配信の準備
+
+ScreenX TV の配信ツールをインストールすることで、いつでもターミナルを配信することができるようになります。配信ツールには、Ruby版とGCC版の2つがあります。いずれの配信ツールにおいても、[screen コマンド](http://www.gnu.org/software/screen/)をインストールしておく必要があります。
+
+### Screen コマンドのインストール方法
+- Mac OS X: `brew install screen`
+- Linux (Ubuntu or Debian): `sudo aptitude install screen`
+- Windows: Cygwin 上で [Screen コマンド](http://directory.fsf.org/wiki/Screen) をインストールする。
+
+### Ruby版配信ツールのインストール方法(推奨)
+0. [Ruby 1.9](http://www.ruby-lang.org/ja/downloads/)(またはそれ以上)と [RubyGems](http://rubygems.org/pages/download) をインストールします。
+1. RubyGems を使って `screenxtv` コマンドをインストールします。
+
+ `gem install screenxtv`
+
+2. 以後、`screenxtv` コマンドを実行することで、ターミナルを配信することができます。
+
+### GCC版配信ツールのインストール方法(Ruby版がかないとき用)
+
+1. 配信ツールのソースコードを GitHub からダウンロードします。
+
+ `git clone https://github.com/tompng/screenxtv-gcc-client.git`
+
+2. ダウンロードしたソースコードへ移動し、コンパイルします。
+
+ `cd screenxtv-gcc-client`
+
+ `make`
+
+3. 以後、配信ツールを起動することで、ターミナルを配信することができます。
+
+ `./screenxtv-gcc-client`
+
+
+## 2. 配信の開始
+
+1. 配信ツールを起動します。
+ - Ruby版: `screenxtv`
+ - GCC版: `./screenxtv-gcc-client`
+
+2. 必要な項目(配信URL、タイトルなど)を入力してします。
+
+ ![ss-start](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/ss-start.png)
+
+3. 最後に Enter キーを押すと、配信が開始されます。
+
+
+## 3. 配信の停止/再開
+
+1. Screen のセッションから `exit` することで、配信を停止することができます。
+
+ NOTE: `exit` してから__10分以内__であれば、いつでも配信を再開することができます。
+
+ ![ss-stop](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/ss-stop.png)
+
+2. 再び配信を開始したい場合は、再度配信ツールを起動して下さい。
+
+ ![ss-resume](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/ss-resume.png)
+
+## プライベート配信(Ruby版配信ツール専用機能)
+
+また、最新のRuby版配信ツール (ver. 0.0.9) からは、-p オプションでプライベート配信が出来るようになりました。詳細は --help または次の Usage を参照してください。
+
+```
+Usage:
+ screenxtv [options]
+
+Options:
+ -u, [--url] # Select a url (e.g. yasulab, tompng)
+ -c, [--color] # Select a color (options: black/white/green/novel)
+ -t, [--title] # Select a title (e.g. Joe's Codestream)
+ -r, [--reset] # Reset your default configuration (e.g. url, color, title)
+ -f CONFIG_FILE # Path to a preset configuration
+ -p, [--private] # Broadcast your terminal privately (anyone who has the link can access)
+ -h, [--help] # Show this help message and quit
+ -v, [--version] # Show ScreenX TV Ruby Client version number and quit
+```
+
+## 独自URL/ログ機能
+
+他にも、ユーザアカウントを作ることで、独自のURL(他の配信者には使えないURL)を取得したり、配信中のコメントのログを残したりすることができます。
+
+![user-account](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/user-account.png)
+
+## 欲しい機能や要望などがありましたら
+
+次項のレポジトリから issue を作成したり、 pull request を送ってください :-)
+
+### サンプル
+![issue](https://raw.github.com/tompng/screenxtv-gcc-client/master/images/issue.png)
+
+## レポジトリ・記事など.
+
+- [ScreenX TV Document](http://screenx.tv/doc/howto)
+- [ScreenX TV Ruby Client](https://github.com/tompng/screenxtv-ruby-client)
+- [ScreenX TV GCC Client](https://github.com/tompng/screenxtv-gcc-client)
+- [ScreenX TV vs Codestre.am](http://joequery.me/code/screenx-tv-first-impressions/)(英語記事)
+- [中の人達による中の解説動画](http://blog.yasulab.jp/2013/02/screenx-tv-ruby.html)
- [ScreenX TV を使った合同 Ruby 勉強会@沖縄](http://atnd.org/event/okrb1)