散らかったデスクトップをとにかく何も考えず日付フォルダにまとめる

  • 0
    Like
  • 0
    Comment
    More than 1 year has passed since last update.

    絵を描いているとDesktopに近所に落ちてた空き缶を接写でとった写真やラフや統合前データやフィルタや効果を付ける前や縮小前や納品データが死ぬほど貯まります。ので作りました。

    例だと最終的にこうなります
    スクリーンショット 2013-08-02 21.51.15.png

    #!/bin/sh
    
    # デスクトップに何もない場合、終了
    if [ ! -e ~/Desktop/* ]; then
        echo "ファイルがありません。"
        exit
    fi
    
    #入力を求める
    echo "------------------------------"
    echo "フォルダ名? / q=中止> "
    read dirName
    
    if [ $dirName = "q" ]; then
        exit
    fi
    
    # 日付からパスを作る
    d=`date '+%Y/%m/%Y%m%d'`
    path="~/Pictures/${d}${dirName}"
    
    # pathの末尾に連番をつける
    seq=1
    fullPath=$path`printf "%02d" $seq`
    while [ -d $fullPath ]
    do
        seq=`expr $seq + 1`
        fullPath=$path`printf "%02d" $seq`
    done
    
    # コマンドを実行
    echo "------------------------------"
    mkdir -p $fullPath
    cp ~/Desktop/* $fullPath
    rm ~/Desktop/*
    ls $fullPath
    echo "------------------------------"
    echo "以上のファイルが${fullPath}に移動しました"
    

    あなたの使いやすいように13〜14行目を変更して、どうぞ。
    間違えて起動してしまった場合はqで中止できます