FabricEngine

Fabric Engine Splice/Canvasアプリケーションのビルド環境構築

More than 3 years have passed since last update.

FabricEngine 2.0 + Windows環境でのビルド

注意: 特別な意図がないかぎり Fabric Engine を使用するにあたって この記事で解説するようなビルドは必要ありません。 今回は FE2.0でSoftimage2013 が非対応となっていたので修正版を用意するためにビルドしました。

ソースの取得

ライセンスを取得しFE本体を展開
https://github.com/fabric-engine

FabricEngine:

https://github.com/fabric-engine/FabricUI
https://github.com/fabric-engine/FTL

Splice:

https://github.com/fabric-engine/SpliceAPI
https://github.com/fabric-engine/SpliceMaya
https://github.com/fabric-engine/SpliceSoftimage

ソースの配置

フォルダ構成を以下のようにする

tree.bat
SpliceAPI
 ─.build
├─samples
├─SpliceMaya
│  ├─lib
│  ├─Module
│  ├─plugin
│  └─TestingScripts
└─SpliceSoftimage
    └─UI

必要ツール、ライブラリ

scons

pip install scons

VisualStudio2013(vc120)

Fabric Core と利用コンパイラ、バージョンを合わせる。FE1 から FE2 で vc100 から vc120へと変更になったので注意。2010 Express版の場合 64bit でビルドするためにはかなりの意味不明な準備が必要であったが( http://d.hatena.ne.jp/torutk/20100927/p1 )もしかしたら2013では不要?

boost 1.55以上

http://www.boost.org/
math, filesystem, thread の静的ビルドが必要
こちらも vc120 でビルド。詳細は別の記事を参照

build_b2.bat
bootstrap.bat
.\b2 --prefix=D:\Programs\b2 install
build_boost.bat
call "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\Tools\vsvars32.bat"
b2 toolset=msvc-12.0 threading=multi variant=release link=static runtime-link=static address-model=64 -j 8

Qt 4.8.6

自前でビルドするかコンパイル済のものを調達

自前でビルドするには

https://download.qt.io/archive/qt/4.8/4.8.6/
https://download.qt.io/archive/qt/4.8/4.8.6/qt-everywhere-opensource-src-4.8.6.zip
よりソースを取得 Visual Studio 2013 でビルドする。

https://github.com/appleseedhq/appleseed/wiki/Making-Qt-4.8.6-compile-with-Visual-Studio-2013

SET QMAKESPEC=win32-msvc2013
https://forum.qt.io/topic/22514/5-0-windows-7-and-msvc-2010-and-64-bit-compilation/3

TARGET名を QtCore4.[dll|lib] → QtCoreFabric4.[dll|lib] のように全ての生成物について変更する。configure 後に Makefile.release 書き換えとかでいいはず?もしかして configure オプションにあるのかもしれない

用意ができたら ``` SpliceSoftimage\ThirdParty\PreBuilt\Windows\x86_64\VS2013\Release\qt-fabric\4.8.6 ''' にリンクを貼っておく

ビルド

  1. 環境変数通す
  2. scons
setenv.bat
SET FABRIC_BUILD_OS="Windows"
SET FABRIC_BUILD_ARCH="x86_64"
SET FABRIC_BUILD_TYPE="Release"
SET FABRIC_SPLICE_VERSION="2.0.0"
SET BOOST_DIR=D:\boost_1_59_0
SET FTL_INCLUDE_DIR=D:\fabric\repositry\FTL
SET FABRIC_UI_DIR=D:\fabric\repositry\FabricUI

SET MAYA_INCLUDE_DIR="C:\Program Files\Autodesk\Maya2015\include\"
SET MAYA_LIB_DIR="C:\Program Files\Autodesk\Maya2015\lib\"
SET MAYA_VERSION="2015"

SET SOFTIMAGE_INCLUDE_DIR="C:\Program Files\Autodesk\Softimage 2013 SP1\XSISDK\include"
SET SOFTIMAGE_LIB_DIR="C:\Program Files\Autodesk\Softimage 2013 SP1\XSISDK\lib\nt-x86-64"
SET SOFTIMAGE_VERSION=2013SP

build.bat
cd SpliceSoftimage
scons -j8

boost もそうだが -j8 の数字部分は並列ビルド数なのでマシンの最大コア数指定しておくと良い
これにて SpliceSoftimage/.stage に出来上がる。