docker-compose down時の SIGKILL が送られるまでの待ち時間を変更する


まえがき

docker-compose down を実行した際にデフォルトでは SIGTERM が送信され、

10秒以内にプロセスが終了しないと、 SIGKILL を送信するようになっている。

大抵のコンテナは10秒以内に終了できるが、DBMS等のシャットダウンが必要なコンテナは

タイムアウトが発生して SIGKILL されてしまう可能性がある。

そこで、このタイムアウトを変更する方法をメモしておく


docker-compose.yml での指定

docker-compose.yml に stop_grace_period を追加する。

https://docs.docker.com/compose/compose-file/#stop_grace_period

version: '3'

services:
db:
restart: always
image: postgres:11
stop_grace_period: 1m # ここ!