Posted at

AWS ネットワーク構築


AWS ネットワーク&サーバー構築

はじめての投稿です。

AWSでネットワークとサーバーの構築のやり方を忘れてしまうのでメモに残します。


Amazon Virtual Private Cloud(仮想的なネットワーク) 作成


VPC作成

今回は名前は「VPC領域」とします。

CIDRブロックは「10.0.0.0/16」とします。

VPC.png

今回CIDRブロックを「10.0.0.0/16」とした理由はCIDRブロックをサブネットに分割するためです。


パブリックサブネット作成

「10.0.1.0/24」でCIDRブロックを作成します。

今回はパブリックサブネットを作成するので、名前はパブリックサブネットとします。

VPCは上記で作成した「VPC領域」を指定します

CIDRブロックは「10.0.1.0/24」とします。

サブネット.png


インターネットゲートウェイの作成

パブリックサブネットをインターネットに接続するためにインターネットゲートウェイを作成します。

名前は未入力でも大丈夫です。(今回はインターネットゲートウェイは一つしか作成しないため名前の入力を行いませんでした)

インターネットゲートウェイ.png


VPCにアタッチ

作成したインターネットゲートウェイにチェックをつけて「アクション]をクリックすると

「VPCにアタッチ」と出てくるのでクリックします。

インターネットゲートウェイ_アタッチ.png

VPCは「VPC領域」を選択肢アタッチを行います。

VPCアタッチ.png

これでパブリックサブネットにインターネットゲートウェイを結びつけることができました。


ルーティングテーブルの作成

ネットワークにデータを流すためにルーティングテーブルの作成を行います。

名前はパブリックルートテーブルとします。

VPCは「VPC領域」を選択します。

パブリックルートテーブル.png


サブネットの関連付け

サブネットと上記で作成したルーティングテーブルの関連付けを行います。

「サブネットの関連付け」をクリックします。

サブネットの関連付け.png

「サブネットの関連付けの編集」をクリックします。

サブネット関連付けの編集.png

先程作成した「パブリックサブネット」にチェックを入れ保存をクリックします。

これでルートテーブルをサブネットに割り当てることができました。

関連付けチェック.png


デフォルトゲートウェイをインターネットゲートウェイに設定する

作成した「パブリックルートテーブル」にチェックを入れ、「ルートタブ」をクリックし、「ルートの編集」をクリックします。

ルート.png

ルートの追加を行います。

送信先を「0.0.0.0/0」とし、ターゲットを「Internet Gateway」を選択肢、先程作成したインターネットゲートウェイに設定します。そして「ルートの保存」をクリックします。

今回送信先を「0.0.0.0/0」とした理由は「10.0.0.0/16」以外の宛先が破棄されてしまうので、「0.0.0.0/0」を追加することに

よって、すべての宛先のパケットをインターネットゲートウェイに転送するという設定を行っています。

ルートの編集.png

以上でAmazon VPCを用いてVPC領域を作成し、その中に「パブリックサブネット」、

「パブリックルートテーブル」の作成が完了しました。

次からはサーバーの構築を行います。