Help us understand the problem. What is going on with this article?

Android Studioでエミュレータのセットアップ

はじめに

Android Studioでエミュレータのセットアップ手順を解説します。
手順はWindows・Mac共通です。
本手順では、SDK ManagerでSDKの設定を行ったあと、ADV Managerでエミュレーターの設定を行います。

1. Android Studioでエミュレータのセットアップ

1-1. プロジェクトの作成

すでにプロジェクトを作っている場合は本手順は飛ばしてください。
Android Studioの起動画面で「Start a new Android Studio project」を選択します。
スクリーンショット 2018-10-06 2.22.58.png
すると、以下のようなAndroid Studio プロジェクト作成ウィザードが起動します。
空でもプロジェクトを作成しないと、ADV Managerへアクセスできません。
したがって、すべてデフォルトの設定のまま「Next」を押し、プロジェクトを作成します。
スクリーンショット 2018-10-06 2.23.37.png

1-2. SDK ManagerでのSDK設定

プロジェクトの作成が完了したら、以下の赤枠部分をクリックし、SDK Managerを起動します。
スクリーンショット 2018-10-06 2.25.00.png
SDK Managerが起動したら、「SDK Platform」タブで「Android 6.0」にチェックを入れ、さらに「Show Package Details」にチェックを入れ、以下の赤枠の項目を選択し、「OK」ボタンを押します。
Androidのバージョンは任意のバージョンでよいのですが、チェックする項目は漏れないようにしてください。
スクリーンショット 2018-10-06 2.29.24.png
ライセンスの確認画面が表示されるので、「Accept」にチェックを入れ、「Next」を押します。
スクリーンショット 2018-10-06 2.30.26.png
インストールが完了したら、SDK Managerでの作業は終了です。

1-3. ADV Managerの設定

次に以下の赤枠部分をクリックし、「ADV Manager」を起動します。
スクリーンショット 2018-10-06 2.39.52.png
「Create Virtual Device...」ボタンを押し、エミュレーションする「Andorid Virtual Device(ADV)」を作成していきます。
スクリーンショット 2018-10-06 2.40.36.png
まずは、エミュレーションするハードウェアを選びますが、初期状態で「Nexus5X」が選択されているので、今回はそのままこれを選択して「Next」を押して進めます。
スクリーンショット 2018-10-06 2.41.01.png
次はシステムイメージの選択画面になります。
今回は先ほどSDK Managerでダウンロードしたイメージを使います。
「x86 images」タブを選択して、「Andorid 6.0(Google APIs)」を選択して「Next」を押します。
スクリーンショット 2018-10-06 2.41.40.png
最後に確認画面が表示されます。この画面では、ADVに任意の名前をつけたり、Androidエミュレーターのメモリサイズなどを変更したりできますが、今回はそのまま「Finish」を押します。
スクリーンショット 2018-10-06 2.42.31.png
しばらくすると、以下のような画面になるので、「Action」の欄にある再生ボタンを押します。
スクリーンショット 2018-10-07 2.00.28.png
以下のようにエミュレーターが起動したら、完了です。
スクリーンショット 2018-10-06 2.43.34.png

さいごに

2020年から個人ブログはじめました!

フリーランスエンジニアになって得た知識と経験をもとに、フリーランスエンジニアに関する情報をはじめ、IT技術情報や業界情報、エンジニアライフハック等のコンテンツを配信していく予定です。

まだまだ記事数は少ないのですが、週単位で更新してますので、もしご興味ございましたら、みていただけると嬉しいです。

https://yacchi-engineer.com/

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

yacchi1123
一部上場SIer企業4年勤務後、フリーランスエンジニアへ。自身のエンジニアとしての経験や失敗、技術メモを発信していきます。
https://yacchi-engineer.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away