Help us understand the problem. What is going on with this article?

これから付き合うSublimeText3

More than 5 years have passed since last update.

ここ1、2ヶ月、Vimと併用していたのですが、煩わしくなってST一本に決めました。
ライセンスも購入したので本格的に使い始めます。

勤務先・自宅のWindows、自分のMacBookProで使うのでVimのときもそうでしたが、プラグインのインストール状況とか.vimrcの同期とかちゃんとやっておかないと後々酷いことになります。

SublimeTextも一緒ですね。幸い流行はじめてから1年近く経っていて、その辺のノウハウは十分にありました。ライセンスは勤務先でも自宅でも個人で使う分には無制限なので早速、各環境を同期させてしまいたいと思います。

これはその導入メモ。

基本的にインストールや日本語化、同期の仕方は既出なので省略します。
Sublime Text 3初期導入
Windowsでsublime text 3の設定をDropBoxで共有うんたら。

設定ファイルのバックアップ

 同期ストレージ上に置いたら間違って消したときに同期されるやんとか思ったので.(ドット)ファイル管理と同様に設定ファイルをリポジトリにて管理することにしました。

セットアップスクリプト

 同期ストレージを参照するようにシンボリックリンクを貼る簡単なシェルを作成。
 git clone後、管理者権限でシェル起動してSublimeTextを再起動するとプラグインから設定が同期されるようになってます。

現在の設定状況

 現在はデフォルト設定のまま、IMESupport、メニュー日本語化プラグインだけが入ってる状態です。
 SublimeText3の設定を各PCで同期させる

今後

 個人設定(キーバインドとか)はブランチ、汎用的な設定(?)はmasterに反映してブランチにマージする予定。

初心者の人はいきなり英語メニューとかドン引くと思うので同期ストレージじゃなくてもcloneしてシェル叩けばすぐに日本語環境でST3始められるよ

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away