Help us understand the problem. What is going on with this article?

はじめてのVagrant

More than 3 years have passed since last update.

DockerとかVagrantとかChefとかKnifeとか名前と概要ぐらいは知ってたんだけど、
しこしこローカル環境作るのもアレなので本腰いれてVagrant運用を考えることにしました。

入門中の入門

 今更感なので導入はすっ飛ばします。このあたりを参考にしました。
 http://qiita.com/kidach1/items/e63c1607705178aa257c

料理する前の下ごしらえ

 CentOS6x64(minimal)のBoxを使いましたが、中にGuest Additions, Chef, Puppetが入っています。
 Itamaeでプロビジョニングしようと思っているので、環境を整えはじめるところまで手作業。

Chef,Puppet,Ruby,Guest Additionsなどを削除

 yumやら何やらで削除

Guest Additionsの代用

 Guest Additionsも消してしまったのは、Windowsだとフォルダ共有がクッソ遅いらしく初期設定でSambaをinstallしたからです。
 (参考) http://taropohci.blogspot.jp/2014/03/windowsvagrantsamba.html
 Guest AddtionsのかわりにNTPDで時刻同期させています。

ついでにVimも

 暫くメンテしてない僕の.vimrc(NeoBundleつき)が入っています(笑)

Vagrantfile

 とりあえず、ここ3日の勉強成果のVagrantファイル。vb.customize modifyvmのパラメータはここを参考にした。
後半のconfig.vm.network, provisionは作ったBoxをシェアするための準備。

Vagrantfile
vagrant.configure(2) do |config|
    config.vm.box = "minimal"
    config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
    config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", disabled: true # Guest Additions消したので
    config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
        vb.gui = false

        # customize the amount of memory on the vm:
        #
        vb.memory = "1024"
        vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "1024"]
        vb.customize ["modifyvm", :id, "--cpus", "2"]
        vb.customize ["modifyvm", :id, "--ioapic", "on"]
        vb.customize ["modifyvm", :id, "--paravirtprovider", "kvm"]
        vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnsproxy1", "off"]
        vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnshostresolver1", "off"]
    end

    config.vm.network :forwarded_port, guest: 80, host: 8081
    config.vm.provision "shell", inline: <<-eot
        sudo yum -y update
        sudo yum install -y httpd
        sudo rm -rf /var/www
        sudo ln -fs /vagrant /var/www
        sudo mkdir /var/www/html
        sudo echo "<h1>hello, vagrant cloud.</h1>" > /vagrant/html/index.html
        sudo service httpd start
    eot
end

Boxの公開

https://atlas.hashicorp.com/ にサインアップ、サインインする。
公開したいVagrant環境で

$ vagrant up 
$ vagrant login
$ vagrant share

をするとHTTPが立ち上がり仮のURLが発行されます。
この状態で、友達にURLを教えてBoxをシェアすることが可能です。(仮URLは一時的です)
今回は恒久的に公開したいので更に進みます。

サイトに戻り、
「Create a Vagrant Box with the Web UI」からシェアするBoxの名称とか説明を記載。
そうすると、シェアするBoxの箱ができるので、「Create New Provider」で「VirtualBox」を選択(なんでもいいと思うんだけど)
仮のURLを設定して「Create Provider」を押す。
ファイルアップロードができるようになるので、$ vagrant packageで作っておいたパッケージをアップロードして完了です。

こちらが記念すべき初公開のBoxです。Windowsな人は使ってみてください。
https://atlas.hashicorp.com/ya-sasaki/boxes/centos64-with-samba/versions/1

明日からは板前(itamae)修行に入ります。

追記 VMDKがでっかくなってきたら

 時間はかかりますが、割と簡単にできます。
まずは仮想マシン上で

$ dd if=/dev/zero of=/zero bs=512M
$ rm -f /zero

要はデフラグみたいなものです。論理ボリュームを小さくしておかないとVMDKが小さくならないようです。
あとVagrant Packageするときもなるべく小さい方がいいのでやっておいた方がいいです。

ツールはここからダウンロードできます。exeなのでパスが通ってるところに放り投げてください。
ファイル名が長いのでvdiskmanagerにリネームしました。
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1023856
コマンドは簡単

$ vdiskmanager -k <vmdkファイルパス>

これで実2GBのvmdkが1.5GBになりました

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away