Edited at

El Capitanでhomebrewできなくなっていたのを解決

More than 3 years have passed since last update.


El Capitanでhomebrewができなくなっていた

brew updateしたら以下のエラーがでて、アップデートができなかった。brew doctorをしてもダメで、homebrewが全部使えなくなっていた。El Captanで新たに追加されたSystem Integrity Protectionという新機能が原因らしい、homebrew本体をリセットすることで解決するとのこと。


/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/2.0/usr/lib/ruby/2.0.0/rubygems/core_ext/> kernel_require.rb:55:in `require': cannot load such file -- mach (LoadError)


そこまで複雑でないので、ググれば解決する問題だけど一応メモしておきます。


解決方法


homebrewのリセットと/usr/local以下の権限を自分に付与


手順1./usr/localへ移動し、git reset&git clean

cd /usr/local

git reset --hard && git clean -df

試しに、'brew doctor'するが、パーミッションがないと以下のエラーがでるので、/usr/local以下の書き込み権限を自分に付与


warning: unable to unlink .yardopts: Permission denied

warning: unable to unlink CONTRIBUTING.md: Permission denied

warning: unable to unlink SUPPORTERS.md: Permission denied

fatal: cannot create directory at '.github': Permission denied



手順2./usr/local以下の書き込み権限を自分に付与

sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local

これで、homebrewが使えるようになったはず。

僕の環境は、homebrew-caskがインストールされており、これも直す必要がありました。具体的にはuntap(レポジトリの修正)し`brew tap --repairを行います。

brew untap caskroom/homebrew-cask

brew tap --repair


参考