Help us understand the problem. What is going on with this article?

UIライブラリを使う際の落とし穴

はじめに

Reactの人気UIライブラリであるMaterial-UIにおいて、
チェックボックスのonChange時の処理を書いていたらハマった点がありました。

作ろうとしていたもの

テーブルの行ごとにチェックボックスが付いていてクリックすると削除等の処理を行えるものです。
要は各IDを持つリスト型のデータがあり、それに紐づくチェックボックスがあるUIになります。
ですが、このIDの取得ができませんでした。

テーブルのコードを書くのは煩雑なので、要点を絞って簡略化した例で説明します。
注:TypeScriptです。

失敗例

チェックボックスUIにdata属性で各アイテムのidを紐付け、
それをコンソールに表示させようとしています。

function Checkboxs1() {
  const items = [{ id: '1' }, { id: '2' }, { id: '3' }];

  const handleChange = (event: React.ChangeEvent<HTMLInputElement>) => {
    const id = event.currentTarget.dataset.id;
    console.log('id', id);
  };

  return (
    <ul>
      {items.map((item) => (
        <li key={item.id}>
          <Checkbox data-id={item.id} onChange={handleChange} />
        </li>
      ))}
    </ul>
  );
}

さて結果は...

スクリーンショット 2020-09-17 2.47.34.png

期待外れでした。

ちなみに、チェックボックスUIを<input type="checkbox"...のように素のJSXで表現すれば正しくIDは表示されます。

ここでマークアップ構造を確認すると...

スクリーンショット 2020-09-17 2.50.03.png

data属性はinput要素から沢山離れてしまっています。
落ち着いて考えればあれだけリッチなUIを作るためにはこれくらいマークアップが覆われているのはすぐ想像できるかもしれません。

ということで、data属性にidを紐付ける方法をやめました。

成功例

function Checkboxs2() {
  const items = [{ id: '1' }, { id: '2' }, { id: '3' }];

  const handleChange = (id: string) => {
    console.log('id', id);
  };

  return (
    <ul>
      {items.map((item) => (
        <li key={item.id}>
          <Checkbox onChange={() => handleChange(item.id)} />
        </li>
      ))}
    </ul>
  );
}

これを同様にコンソールで確認してみると...

スクリーンショット 2020-09-17 2.54.58.png

正常に取得できています。
これで一件落着ですね。

一癖ありますが、これからもMaterial-UIと良好に付き合っていきたいと思います。

教訓

HTMLの確認を怠らないようにしましょう。

更新履歴

2020/09/17 ソースコードを微調整しました

y191104
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした