EC2
インストール
ツール
インスタンス

【スクール生】20日目:EC2インスタンスの環境構築のためにツールをインストール【メモ】


設定ファイルインストール

EC2インスタンスの環境構築のためにツールをインストール

yum

設定用のファイル

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ sudo yum update

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ sudo yum install \

git make gcc-c++ patch \
libyaml-devel libffi-devel libicu-devel \
zlib-devel readline-devel libxml2-devel libxslt-devel \
ImageMagick ImageMagick-devel \

🔏openssl-devel

Rubyのインストールに必要なもの

sudo yum install -y openssl-devel


Node.jsのインストール

🔏Node.js

サーバーサイドで動くJavaScript

「クライアントもサーバーサイドも同じ言語で書けたら楽」が理由

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ sudo curl -sL https://rpm.nodesource.com/setup_6.x | sudo bash -

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ sudo yum install nodejs


rbenvとruby-build

これらはRubyのバージョン管理をする際に組み合わせて使うツール

🔏rbenv

Rubyのバージョンを切り替えることができる

🔏ruby-build

rbenvのプラグイン。これによってRubyの様々なバージョンをインストールすることができる


rbenvのインストール

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv


パスを通す

🔏パスを通す

どのディレクトリからもアプリケーションを呼び出せる状態にするということ。

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile


設定したパスを読み込む

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ source .bash_profile


gitからruby-buildをクローンする

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build


gemコマンドを使えるようにする

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ rbenv rehash

メモ用になっております📝