Git
GitHub

Gitツールまとめ(メモ書き。素人目線)

概要

Git~うんちゃら、ってキーワードは様々あるけど何が何なの?って自分メモ。
Git、Sourcetree、GitHub、、、ごちゃごちゃ、のまとめ。

「Git」と「Gitサービス」とそれ以外(クライアント)

「Git」とは「履歴管理システム」の一つ(特徴などは他の両記事を参照のこと)。

利用するには、「リモートリポジトリの置き場」をどこかに構築する必要がある。その「置き場」をあらかじめ作っておいて貸し出してくれるのが「Git(ホスティング)サービス」。

GithubGitLabBitbucketAssembla、、、は「Gitサービス」の名称。これらサービスを利用して取得したリモートリポジトリへのPush/Pull(Commit/Checkout)は、Gitクライアントを利用する。

Gitクライアント

Gitシステム/サービスを利用するためのクライアントツール。

Git for Windows

  • Git本家のクライアント。
  • 「Git GUI」と「Git Bash(こっちがコマンドライン)」の提供がある。
    • Gitのコマンドラインと言ったら、通常はこれに含まれるGit Bashのことか?
  • 「Git for Windows Portabl」という「Notインストール型」の提供もある。
    • このPortable版でも、VSCodeとの連携はできると思われる(後述の参考サイトを参照)。

Github Desktop

  • GitHubのクライアント。
  • もちろん、GitHub以外のGitサービスに対しても利用可能。
  • Ver.1系とVer.2系がある。
    • Ver.1系は、Gitコマンドライン(Git Bash?)同梱だったが、Ver.2系はコマンドラインは無くなったっぽい。
  • シンプルで使いやすい。(最低限のことは)直観的に使える。
  • 応用的な操作をしようとすると、GUIの範囲では出来ないことも多い?

Sourcetree

  • Bitbucketのクライアント。
  • もちろん、Bitbucket以外のGitサービスに対しても利用可能。
  • GUIのクライアントとしては、一番人気
  • 「GUIから出来ない操作は無い」が売り(だったと思う)。

参考サイト