RPA2.0 デジタルワークフォース・イノベーションフォーラム2019に行ってきた


結論

共感あり、気付きあり、それなりに有意義でした。


内容

ここに書いた内容だけで分かるような書き方をしていませんが、簡単に感想をまとめましたの、何かの足しにしてください。


ITでスマートに楽しく!「Smart&Fun!」で働き方改革を推進

SB C&Sの事例紹介というか、こんなにできましたよという自慢でしょうか。細かい数字を挙げても仕方ないのでその辺は省きますが、さすがにSB系なのでちゃんと投資してそれなりのリターンを得ているようです。うちの会社にも見習ってほしいところはありますが、まあ、無理でしょう。

野良ロボットはないようですが、まずはやってみようということで戦略なしで進めた結果、ちょっと問題が出ているようです。ただ、そこをあまりにかっちりやろうとすると、それはそれで進まなかったりするし、まずはやってみるも間違ってないかとは思います。

このイベントにはオウトメーション・エニウェア社も絡んでいることもあり、ツールはAutomation Anywhere Enterpriseですが、最初は別ツール使っていたようですし、ツールも含めてやってみて、課題を出して、見直しをかけるというのが、多少効率は悪くても進めやすいかと感じました。


「デジタルレイバーと共創する日」の具体像とは?

パネリスト2名による座談会形式。

RPAがもてはやされている要因の表として「働き方改革」や「人材不足」の裏に「今までのやり方を変えたくない」、「レガシーシステムをどうにもできない」、「IT部門への不満」という裏の要因があるのではないかということですが、まあ、確かにありますね。自動化したいだけなら従来通りシステム化すればよいのであって、そうしないでRPAを使う理由は、これらしかないですから。

「RPAはつなぎ」という話も納得です。と言うか、そうでない考え方をしているのはまずいです。RPAなんて情シスとしては敗北です。


RPA2.0で実現するデジタルワーカーの採用と育成

ここはまあ、オウトメーション・エニウェア社の宣伝ですね。現状を知る立場から言えば、やれるもんならやってみろ、と。

UiPathの後塵を拝しつつある危機感か、日本語のコミュニティサイトを開いたり、コミュニティえでしょんを出したり、いちいち、UiPathに二番煎じな感じがしますが、改善しているのは評価できます。


Speed and Control: アーキテクト視点からのRPA再考

ここだけAutomation Anywhereとか関係ない世界。日経系システム雑誌のRPAに警鐘を鳴らす記事をもとに、論が進んでいくのですが、要はデータ構造はだ時ですよ、という話。でも、ロジック軽視に聞こえるのはそれはそれでおかしいようにも感じました。


Automation Anywhere製品の差別化ポイントとお客様向けご支援施策

途中、何度も「鼻息荒く」を繰り返してましたが、本当に鼻息荒い講演でした。自分は嫌いじゃないですけど、好き嫌いはありそうです。

Automation Anywhere Enterpriseに関わった人なら、日本国内では以下3点は実感することが多いでしょう。


  • コーディングが必要

  • 日本語でない、日本語に資料がない

  • 高い

日本語問題はUiPathに後れを取りましたが、ようやく改善されつつあるようなのですが、出遅れ感は否めず。ちょっと今後の展開にはマイナスになりそうです。

コーディングっぽく見えるだけで、実際にはコーディングじゃないのですが、ほかのツールも含め、変数とか条件分岐とかループというものは知らないと実用的なものはつくれません。なので、コーディング不要とか、コーディング知識不要なんていう売り文句を言う営業がいたら、眉に唾をつけましょう。

その上で、ちゃんとバージョン管理できることと、フローっぽいものより見通しが良いのは、UiPathやWinActorにはない、Automation Anywhere Enterpriseの売りですね。ある意味、他のデメリットが消し飛ぶ最大のメリットです。あ、Blue Prismは触ったことないので知りません(BizRobo!も触ったことないですけど)。


蛇足

紙資料をくれないので、適当な裏紙にメモってました。ノートPCを持って行っていたのでそれでメモってもよかったのですが、参加者層によっては文句つけられても困るし…。まあ、最後のセッションだけ後から入ってきて隣に座った女性はPC叩いたり、禁止のスライドの写真撮影とかしてましたけど。