1. wnoguchi
Changes in tags
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,6 +1,8 @@
+## 圧縮してやる!!一匹残らず!!
+
MacBook AirのSSDが突然お亡くなりになったとか流れてきて怖いなぁって思って、しこしことDropboxに移動しています。
Premium万歳。
とりあえずほぼお目見えすることのないファイルは圧縮して容量節減しようと思いたって、このエントリを書きました。
tarでまとめたほうが大量のファイルをちまちま転送するよりも効率的ですしね。
@@ -41,11 +43,11 @@
## フォルダとかまるごと
`c` をつける。
-### 圧縮 tar.gzip
+### 圧縮 tar.gz
```bash
tar cvzf hogehoge.tar.gz hogehoge/
```
@@ -156,15 +158,29 @@
```
以上です。
適宜メモりたいものが出たらここに追加していきます。
-## 並列圧縮
+## 並列圧縮というソリューション
+
+通常の圧縮コマンドだと CPU 1 コアしか使われません。もったいないですね。
+私も日常のオペレーションでコア数の多いサーバ上で圧縮をするときこんなに CPU スレッドが余ってるのにもったいないなあと思っていました。
+
+すると `pxz`, `pigz`, `pbzip2` 等のマルチスレッド対応版の `p*` 系圧縮解凍コマンドが存在しています。
+大抵のディストリビューションでは RHEL 系では EPEL 入れれば yum で入りますし、 Debian 系は apt-get で入ります。
+オプションは上記で紹介したものと同じです。
+
+- `pigz`: `gzip` コマンドのマルチスレッド対応版
+- `pbzip2`: `pbzip2` コマンドのマルチスレッド対応版
+- `pxz`: `xz` コマンドのマルチスレッド対応版
+
+これらの `p*` 系圧縮解凍コマンドを使うと全コア全スレッド使って並列に全力で圧縮処理がされるので何倍も速いです。
+
+### tar での併用
-通常の圧縮コマンドだと 1 コアしか使われませんが、
-pxz を使った場合、
-pxz, pigz, pbzip2 等の `p*` 系圧縮解凍コマンドを使うと全コア全スレッド使って並列に全力で圧縮処理がされるので何倍も速いです。
+通常だとシングルスレッド版の圧縮プログラムが使用されるので `--use-compress-prog=pxz` の用な感じでオプションを渡して上げる必要があります。
+逆に tar cvzf, cvjf, cvJf 等圧縮の指定オプションを渡すとエラーになるので注意です。
```
tar cvf archive.tar.xz --use-compress-prog=pxz awesome-logs/
```