docker
docker-compose

Docker-composeのキーの意味

docker-composeの書き方を学んでいるところです。
links: containerA みたいな記述の意味をメモとしてまとめておこうと思います。

  • image:
    • イメージ名。そのまんま
  • build:
    • ビルドの際に使うDockerfileのパス
  • env_file:
    • 環境変数などを書いておくファイルのパス
  • expose:
    • 他のコンテナに開放しておくポート番号
  • links:
    • コンテナAの設定に links: container_B と書けば、container_Bが立ち上がるのを待ってからcontainer_Aを起動する
    • さらに、container_Bのホスト一覧にcontainer_Aを登録する。俺の名を刻め!ということである
  • volumes
    • ホスト側のディレクトリをコンテナ内にマウントする際の設定
  • command
    • コンテナが起動してから実行するコマンド
  • restart
    • コンテナが停止しているときの再起動設定 restart: alwaysとかけばdocker-machineが立ち上がった時勝手にコンテナを起動してくれる
  • volumes_from:
    • volumes_from: container_B とすれば、container_Bのマウント設定を読み込む