Edited at

SourceTreeのちょっとした使い方

More than 5 years have passed since last update.


概要


  • 最近は「TortoiseGit」,「EGit」よりも勢いがある

  • 履歴がグラフィカルで見やすい

  • リベース、チェリーピックがGUIで簡単にできる

  • pullしなくてもGUI上でリモートに更新があったことがわかる!


    • 自動フェッチ機能



  • git-flowにも対応!

  • ver1.4からWindowsも日本語対応!!


導入

本体ダウンロード

http://www.sourcetreeapp.com/


  • git.exeが見つからないといわれたので、前にインストールした場所を指定


    • もしなければ、同じウィンドウから導入可能



  • Mercurial.exeが見つからないといわれたので、「使用しない」にした

  • ネーム、Eメール(GitHubで使用しているもの)を入力


  • チェックボックスは全部チェック


    • グローバル設定の変更を許す

    • 改行の自動処理

    • ライセンスに同意する




  • OpenSSLを使うにチェック


    • GitHubで登録したSSHキーを選択



  • GitHubのユーザー名、パスワード入力



使ってみた


clone(GitHubからローカルPCへリポジトリのコピー)

1.「新規/クローンを作成する」を押す

2.URLにgithubでコピーしたURLを貼り付け

3. 保存先フォルダを指定

4.「クローン」ボタンを押して完了


  • 既に作られたリポジトリのブックマーク追加


    • 左の欄にリポジトリフォルダをドラッグ&ドロップでブックマーク作成完了




pull(更新をローカルPCへ反映)


  1. 左欄でリポジトリをダブルクリック

  2. 任意のブランチを選択

  3. 上部バーの「プル」ボタンに数字が更新された回数


  4. 「プル」ボタンを押すとウィンドウが開くので各項目確認


    • プル元のリモートブランチがローカルと同じになっているか確認



  5. オプションは「マージした変更を即座にコミット」のみ選択し、「OK」ボタンを押す



commit(ローカルPCのリポジトリ更新)


  1. ファイルを更新すると、「ファイルステータス」→「作業コピー」の下部にある

    「作業ツリーのファイル」に更新されたファイル一覧が表示される



  2. コミット対象のファイルを選択し、「↑」ボタンでインデックスに追加できる


    • インデックスの登録から外す時は「↓」ボタン。



  3. インデックス欄に追加後、上部バーの「コミット」ボタンを押す


  4. コミットウィンドウが表示されるので、コミットメッセージを記入



  5. ファイルの差分など問題なければ、右下の「コミット」ボタンで完了


    • オプションは特に指定しない。




<インデックスとは?>
リポジトリにコミットするファイルを一時保存するための場所。
必要なファイルだけインデックスに登録することで、
不要なファイルをリポジトリにコミットしなくて済む。


push(ローカルPCのリポジトリ更新をGitHubへアップロード)


  1. コミットしたなら、上部バーの「プッシュ」ボタンに数字が表示される


    • GitHubとローカルPCの差分があるということ



  2. 「プッシュ」ボタンを押すとプッシュウィンドウが表示される

  3. プッシュ先リポジトリが「origin」(GitHubのURL)になっていること

  4. プッシュ対象のブランチを選択する

  5. 「OK」ボタンでプッシュ完了


branch作成(作業ツリーの分割)

例) 本番と開発の作業を個別に行いたい → 開発用ブランチ(develop)の作成


  1. 元となるブランチ(master)を選択


    • ブランチにチェックの絵がちゃんと表示されていること



  2. 上部バーの「ブランチ」を押す

  3. 新規ブランチに「develop」と入力

  4. 「ブランチを作成」ボタンで完了

  5. 自動的にチェックアウトしているが、されていなかったらダブルクリック


merge(他ブランチの変更を現ブランチに反映)

例) developブランチの修正をmasterブランチに反映したい


  1. masterブランチを選択

  2. 上部バーの「マージ」を押す

  3. マージウィンドウが開くので、対象のコミット(ブランチ)を選択


    • developの最新コミットをマージする場合、過去のコミットもマージされる



  4. OKボタンで完了

  5. 競合が発生した場合は、エディタで競合箇所を修正しコミットすること


総評


  • ある程度Gitの知識があれば便利

  • 自動フェッチしてくれるのでpullするものがあるか分かりやすい

  • リポジトリ、ブランチの切り替えもクリックひとつでOKなのは楽

  • 日本語対応している

  • TortoiseGitはフォルダ上で作業するので、そっちの方がいい人もいるかも