PHP
Laravel

Laravel DB使い方 クエリビルダ


Laravel DB 使い方 クエリビルダ

LaravelにはDBとやりとりする方法がいくつかあります。

今日はその中でもとっつきやすいクエリビルダについて書いていこうと思います。


クエリビルダとは

PHPらしくDBとやりとりするためのメソッドです。


使い方

使い方は非常にシンプルです。

public function index(){

$items = DB::table('テーブル名')->get();
return view('index', ['items' => $items]);
}

とすれば指定したテーブルの全レコードを取得することができます。

viewの方には

@foreach($items as $item)

{{$item->name}}
@endforeach

とすれば`name`というレコード名が取り出すことができます。

基本はこれだけです。


便利なメソッド


whereメソッド

指定したレコードだけを取り出したい時は、

DB::('テーブル名')->where('id', 1)->first();

とすることで、idが1のレコードを取得することができます。


firstメソッド

whereメソッドのところで出てきたfirstメソッドは複数のレコードの中から一番先頭のレコードを取得するというメソッドです。


最後に

この記事に書いてあることは、クエリビルダの中でもほんの一部で、SQL文でいうところのSELECT文についてしか取り扱っていません。INSERTやUPDATE、DELETEについては今後載せるかもしれませんが、それが待てない方は調べれば出てくると思うので、興味がある方は調べてみてください。