PHP
Laravel
controller
route

Laravel ControllerとRoute 備忘録


備忘録

先日よりLaravelを学習しており、インプットしてもアウトプットできなきゃいけないと思い、Qiitaに備忘録の投稿をすることにしました。


ControllerとRoute

Laravelでは画面表示する際、Controllerにアクションを作成し、web.phpにRoute情報を追加することで画面表示ができます(Viewとかはまた今度)




今回は簡単に「Hello World」を表示する方法を記載しようと思います。(web.phpの中で完結する

とかは言わないでください...)




1.Controller作成

2.ControllerにてHello Worldを表示するためのアクションを作成

3.web.phpにRoute情報を追加

の順序でやっていきたいと思います。


1.Controller作成

まず、シェルを開きます。

シェルを開いたら、Laravelのプロジェクトまで移動します。

php artisan make:controller HelloController

と入力します。


2.ControllerにてHello Worldを表示するためのアクションを作成

1ができると、app\Http\Contoller\にHelloControllerができていると思います。

そこに


HelloController.php

public function hello(){

return 'HelloWorld';
}

と入力


3.web.phpにRoute情報を追加

routesフォルダ内のweb.phpを開く

そこに


web.php

Route::get('hello', 'HelloController@hello');


と入力

これでソースの記述は終わりです。





あとがxamppで開発している人は

http://localhost/dashboard/プロジェクト名/public/hello

にアクセスしたり

シェルで

php artisan serve

とし、Laravel専用のサーバを立ち上げ、http://127.0.0.1:8000にアクセスするなどすればHelloWorldと表示されていると思います。


最後に

今回は本当に簡単なサンプルでしたが、LaravelにはView、Bladeなどの便利な機能があります。いろいろなことが簡単にできるのがLaravelだと思っているので、これからも勉強していきたいです。