Help us understand the problem. What is going on with this article?

apache proxy設定 + Node.js + socket.io を動かす

More than 3 years have passed since last update.

一部でDynamoDBを使いたかったので、AWS SDK for Node.jsを使用する必要がありました。
ドメインはメインのPHPのAPIと同じにしたかったので、proxyを設定して運用することにしました。
以下が今回設定した環境です。

※リバースプロキシを設定したいので、apache2.4以降のmod_proxy_wstunnel.soが必要です。

今回はhttp://example.com/socket.ioの、/socket.io以降アクセスした場合はnode、他は/var/www/html以下が読み込まれるようにしたいと思います。

expressを使うと楽なので、node_modulesにexpressをインストールします。

npm install express

例ではnode.jsは3000ポートを使用します。

app.js
var port = 3000,
    express = require('express'),
    app = express(),
    http = require('http').createServer(app),
〜
http.listen(port);

実行はバックグラウンドで動いてくれるforeverが便利なので、インストールします。

npm install forever -g
forever start app.js

nodeが実行されたら、apacheの設定をします。
デフォルトに無いので、モジュール読み込みのconfにmod_proxy_wstunnel.soを追加します。

/etc/httpd/conf.modules.d/00-proxy.conf
〜
LoadModule proxy_wstunnel_module modules/mod_proxy_wstunnel.so

プロキシ設定をします。

/etc/httpd/conf/httpd.conf
〜
ServerName example.com
DocumentRoot "/var/www/html"
〜
<IfModule mod_proxy.c>
    ProxyPass /socket.io http://127.0.0.1:3000/
    ProxyPassReverse /socket.io http://127.0.0.1:3000/
</IfModule>
〜

ブラウザにアクセスして以下が表示されれば成功です。

ブラウザ
Cannot GET /

おまけ:サーバー再起動した時用に以下の設定をrc.localに追加すると便利です。

/etc/rc.local
(cd /home/-/-/ && forever start app.js)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした