ビジネススキル

無色透明の汎用ビジネススキルがあるといいよね。

とは言っても何のことやら。
これは僕が思う一般ホワイトカラーが特殊な技術(プログラミングとか英会話とか)
とは別に必要なそうなビジネススキル考です。
 ※特殊な技術はそれはそれで勉強してるって前提ね。

 普遍的だけど書き出してみるとこんなやつ。
 ・アクティブ
 ・コミュニケーション
 ・ロジック
 ・ドキュメンテーション

大きくはコミュニケーションは会話力、ドキュメンテーションは作文、
読書力に依存して、ロジックは数学力に依存する。
アクティブはトライ&エラーと何かに熱中した経験が経験値となる。

アクティブ

自分から動く事。
これ「指示が無いと動けない」ってだけじゃなくて「他部署、上司に確認しないと動けない」
「他の所に確認する」って所でとまってしまう、仕方が無いって人が多い。
ミッションなんて大体解るはず。上司やリーダが動かなくても自分から動けよ。

コミュニケーション

良くコミュニケーション能力っていうけど僕は3つあると思ってて
「相手と仲良くする力」「相手のいってる事を理解する力」「苦手な人を回避する能力」
特にこのうちの理解力は「ヒアリング」と外だしして別カテゴリでもいいかも。
「相手と仲良くする力」「苦手な人を回避する能力」って表裏一体で
人付き合いのうまい人って、自分と会わない人と微妙に接点を減らしてコミュニティ
としての摩擦を緩和するのよね。仲良くしないで人の和を保つ的な感じ。

ロジック

これは凄く難しい。
説明しにくいけど「ホワイトボードで中学生を納得させれるか?」
ってのがポイントかな。少なくとも0知識の人も納得させる理論展開が出来ないといけない。
しかもなるたけ最小ステップで。

ドキュメンテーション

これで言いたいのは「質は量より作られる」
「人に見せて初めて成立して、提出して初めて成果になる」ってとこかな。
とにかく、人に見せない、作ったけど結局提出しないって人が多すぎる。ほんと。


とまとめてみて出口治明さんがいう
「人に会え、本を読め、旅をしろ」ってのは本当に的を得てる。
僕個人としては前も書いたけど「+音楽をしよう」を付け加えるけどね。
まぁ音楽が仕事に役に立ってるかどうかは知らんがw
少なくともワークライフバランスにはなってるでしょう。

簡単ですが以上です。