VM

windows10をvirtualboxとkvmで動かしてみた

概要

  • kvmでwindows10が動かせることが分かったので動かしてみた
  • スコアを測り、virtualboxと比べてみた
  • 思ったよりちゃんと動くので感心した

ホストスペック

  • host pc:thinkpad t460s
  • mem: 20GB
  • os: manjaro 17.0.5

KVM

設定

  • libvert: 3.7.0
  • qemu: 2.10
  • cpu: 1物理コア
  • disk: 32GB, qcow2
  • mem:8192MB
  • 他はvirt-managerのデフォルトのまま

virtualbox

  • virtualbox: 5.1.28
  • cpu: 1
  • disk: 32GB, 動的拡張
  • mem: 8192MB

関係あるのか分からないけど、virtualboxのgest additionsをインストールすると起動しなくなる気がする…

WinSat

スコアはwinsatで測った。測り方などはここを参考にした。

KVM

CPUScore               : 6.1
D3DScore               : 9.9
DiskScore              : 7.55
GraphicsScore          : 2
TimeTaken              : MostRecentAssessment
WinSATAessessmentState : 1
WinSPRLevel            : 2
PSComputerName         : 

virtualbox

CPUScore               : 5.9
D3DScore               : 9.9
DiskScore              : 8.35
GraphicsScore          : 2
TimeTaken              : MostRecentAssessment
WinSATAessessmentState : 1
WinSPRLevel            : 2
PSComputerName         : 

結果

  • virtualboxの方がディスク性能が良さそう
  • 他はあまり変わらない
    • スコア的には総じて結構高いように感じる。
  • ただ少し使った感じ、virtualbox版の方がモッサリしているというか、入力にラグがあるように感じる
  • どちらもグラフィックの性能は低い(仕方ない面はあるが…)

To Do

  • もう少し詳しい性能評価(windows詳しくないので分からない)
  • グラフィックの性能を向上させることは出来るのか?