Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
26
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@vaporoid

policy.xmlが使えない古いImageMagickでImageTragickを回避する

More than 5 years have passed since last update.

インターネット一般を眺めると、ImageTragickの緩和策としてpolicy.xmlで危険なコーダを禁止するという方法が示されている。

ImageMagickのChangeLogによれば、policy.xmlは、ちょうど七年前、二〇〇九年五月四日に6.5.2-1で初めてサポートされたという。

手元のCentOS 5を眺める。インストールされているRPMはImageMagick-6.2.8.0-15.el5_8である。どうして、いまだにCentOS 5なんて使っているのだろう。ビジネスだからだ。ビジネスだったらしかたがない。ともあれ、このバージョンではpolicy.xmlは使えない。やれやれ。

さて、どうしてくれようか。ソフトウェアのバージョンを変えずにやりすごす方法を沈思黙考する。緩和策policy.xmlを眺める。

<policymap>
    <policy domain="coder" rights="none" pattern="EPHEMERAL" />
    <policy domain="coder" rights="none" pattern="URL" />
    <policy domain="coder" rights="none" pattern="HTTPS" />
    <policy domain="coder" rights="none" pattern="MVG" />
    <policy domain="coder" rights="none" pattern="MSL" />
</policymap>

すなわち、EPHEMERAL,URL,HTTPS,MVG,MSLというコーダを禁止している。EPHEMERALは昔は存在していなかったようだ。だとすると、残りの四個を動かなくしてやればいい。

まず、HTTPSを禁止しよう。これはdelegates.xmlで禁止してやればよいだろう。手元の環境ではふたつ存在していた。

/usr/lib64/ImageMagick-6.2.8/config/delegates.xml
/usr/lib/ImageMagick-6.2.8/config/delegates.xml

それぞれのdelegates.xmlから、次の一行を削除する(いっそ<delegatemap>の中身を空にしてもよいかもしれぬ)。

  <delegate decode="https" command='"wget" -q -O "%o" "https:%M"' />

残りのURL,MVG,MSLを設定ファイルでどうにかするのは無理であるように思われた。ありがたいことに、しかし、それらはそれぞれ共有リンクライブラリになっていた。こいつらをどこかに投げやってしまえばよい。

/usr/lib64/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/msl.la
/usr/lib64/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/msl.so
/usr/lib64/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/mvg.la
/usr/lib64/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/mvg.so
/usr/lib64/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/url.la
/usr/lib64/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/url.so
/usr/lib/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/msl.la
/usr/lib/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/msl.so
/usr/lib/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/mvg.la
/usr/lib/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/mvg.so
/usr/lib/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/url.la
/usr/lib/ImageMagick-6.2.8/modules-Q16/coders/url.so

これにて、とりあえず、PoCは動かなくなった。

【二〇一六年五月六日追記】

ImageMagick Filtering Vulnerability - CVE-2016-3714のResolveのRHEL 5のMitigationでは、mvg.so, msl.so, label.soをリネームしている。CVE-2016-3717を防ぐためにlabel.soをリネームするというわけみたい。

26
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
vaporoid

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
26
Help us understand the problem. What is going on with this article?