Posted at

Windows10でUbuntu18.04を使う

インストール

Microsoft Storeから「Ubuntu」と検索すると 下図のような画面に遷移し、

さらに[アプリを入手する]を選択すると下図のような画面に遷移します。

ここではお好きなLinuxディストリビューションを選択して、ダウンロードしてください。

ただし、「Ubuntu」と表記されたものは「Ubuntu 16.04 LTS」です。

Ubuntu 18.04 LTSがインストールしたければ、
「Ubuntu18.04 LTS」と表記されたものを選択し、ダウンロードしましょう。

準備

さて、ディストリビューションのダウンロードが完了したら、Windows10でLinuxディストリビューションを利用するために、まずWindows10にWindows Subsystem for Linuxをインストールする必要があります。

というわけで、Windows PowerShellを管理者権限で実行した後で、
以下のコマンドを入力してください。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

これがないと下記のようなエラーが出力されます。

Installing, this may take a few minutes... WslRegisterDistribution failed with error: 0x800703fa 

起動

Windows Subsystem for Linuxをインストールした上で、Ubuntu18.04のアプリを実行すると、Ubuntu18.04のインストールが開始されます。

インストールを終えると、ユーザ名とパスワードの入力を求められるので、
好きなものを入力します。

Ubuntuのバージョンを確認したい場合は、以下のコマンドを実行してください。

$ lsb_release -a

パッケージ管理システムの更新

次にソフトウェアをインストールするのに欠かせないパッケージ管理システムの更新を行います。(これをせずにソフトウェアをインストールしようとしたところ、失敗したため。)

パッケージ管理システムを最新の状態にしておくために、
以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt update

$ sudo apt -y upgrade

日本語化

もし日本語化したいのなら、以下の通りにコマンドを実行する必要があります。

まず .bashrcファイルを編集します

$ vim ~/.bashrc

次に以下の構文を.bashrcファイルに追記します。

export LANG=ja_JP.UTF-8

export LANGUAGE=ja

そして.bashrcファイルの変更を反映させます。

$ source .bashrc

最後に以下のコマンドを実行して、Ubuntu18.04の端末を再起動させると、日本語化が完了します。(localeコマンドで事前に確認するのもよいでしょう。)

$ sudo apt -y install language-pack-ja manpages-ja

$ exit

アンインストール

Ubuntu18.04を、Windows10からアンインストールしたい場合は、Windowsメニューから対象のアプリを右クリックし、[アンインストール]を選択するとアンインストールできます。