Help us understand the problem. What is going on with this article?

Swiftオープンソース化情報まとめ

More than 3 years have passed since last update.

Swiftがついにオープンソース化されました。胸熱です。
公式ブログ、Github、Twitterなどから、Swiftオープンソース化に関する情報をまとめてみます。

公式ブログ

Swift公式ブログ上では、下記5つが挙げられています。

  1. Swift.org
    Swiftコミュニティ。Linux含めたSwiftのインストール方法や、ドキュメント、Package Manager等のプロジェクトについての情報、コミュニティ(ML)への参加方法など。
  2. github.com/apple
    Swift本体はもちろん、新プロジェクトのPackage ManagerやPure SwiftなFoundationフレームワークも公開されています。
  3. A new Swift Package Manager
    Swift3からの利用を目標としているようですが、一刻も早く使いたいですね笑。Package.swiftというマニフェストで管理される?npmみたいな感じ?
  4. A Swift-native core libraries
    https://github.com/apple/swift-corelibs-foundation Foundationフーレムワークがもっと使いやすくなればSwiftの使いやすさもかなり向上するはず。
  5. Platform support for all Apple platforms as well as Linux
    インストール方法はGithubSwift.orgに記載されています。

その他気になったこと

上記ブログ情報から辿ったりして、気になった情報について。

swift-evolution

Swiftの改善ロードマップ?が共有されています。

Swift 2.2

2016年春リリース予定。

Accepted proposals for Swift 2.2

Swift2.2ではinout, var, let以外のキーワードは引数ラベルとして使えるようになるらしい(Allow (most) keywords as argument labels)。例えば現状NSWindow
init(contentRect:styleMask:backing:defer:)
ではdeferがバッククォートで括られてたりしますね。

Swift 3.0

2016年秋リリース予定。なんか色々たくさん書いてあります(後から気が向いたらまとめる笑)。
Accepted proposal一覧↓:

API Design Guidelines

swift-evolutionでも記載がありますが、Swift3.0に向けて標準ライブラリ・コラライブラリ群がこのガイドラインに従って書き換えられていくようです。アップデートも期待大ですし、各プロジェクトのコーディング規約策定にも参考にできそうです。

REPL and Debugger

対話型インタフェースでもデバッガが使えるようになるらしい。それよりもブレークポイント止まるとXcode落ちるんだけど!が身の回りでは話題ですが笑。

Swiftプロジェクト開始日

SwiftはKotlinより先に始まっていた、というツイートもありました。そういう観点もあるんですね笑。

ちなみに

try! SwiftというSwiftカンファレンスが2016.3.2 - 2016.3.4渋谷で開催されるそうです。ただの参加予定者ですが、有名人が勢ぞろいしていて、こちらも胸熱。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away