そもそもGitHubとは?

ソフトウェア開発のソースコードを管理するサービス。企業でも個人でも用いられる。
有料と無料がある。今回は無料で行う。

GitHubで大切なローカルリポジトリとリモートリポジトリとは?

リポジトリとは「保管場所」を指し、ファイルやディレクトリを保存する場所になります。ソフトウェアの開発では一つのソースコードを複数人で修正を加えることも。そうなると変更履歴を逐一管理する必要があります。そのために、変更履歴を管理したいディレクトリなどをリポジトリの管理下に置くことで、そのディレクトリ内のファイルなどの変更履歴を記録することができます。

 そして、リポジトリは自分のマシン内にある「ローカルリポジトリ」とサーバなどネットワーク上にある「リモートリポジトリ」の2箇所に分かれます。基本的にローカルリポジトリで作業を行い、その作業内容をリモートリポジトリへ転送する流れになります。

1.GitHubでリモートリポジトリを作成

まずはGitHub上にリモートリポジトリを作成します。その際、プライベートかパブリックの指定がありますが、プライベートは有料になります。

2.PCにローカルリポジトリを作成

PC上にローカルリポジトリのためのディレクトリを作成します。作成した後、「git init」でGitリポジトリに変換します。GitHubで共有したいファイルなどをこのディレクトリに置きます。

3.「git add」で作成したファイルをインデックスに追加

作成したファイル(htmlファイルなど)をまずはインデックに追加します。インデックとはローカルリポジトリにコミットする準備をするために変更内容を一時的に保存する場所のことです。

4.「git commit」でインデックスに追加されたファイルをコミット

インデックスに追加されたファイルをコミットすることで、ファイルやディレクトリの追加や変更をローカルリポジトリに記録します。

5.「git push」でリモートリポジトリに反映させる

ローカルリポジトリで行ったファイルやディレクトリの追加・変更を「git push」でリモートリポジトリに反映させます。これによってサーバー上に追加や変更が記録されます。

 引用
「今さら聞けない!GitHubの使い方【超初心者向け】」
https://techacademy.jp/magazine/6235

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.