1. uhooi

    環境を追加

    uhooi
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,44 +1,53 @@
## はじめに
KotlinでOrmaを使うために、kaptをセットアップしようと思いました。
## 「kapt」とは?
「kotlin-annotation-processing tools」の略のようで、JavaのPluggable Annotation Processing APIをKotlinで使えるようにするためのプラグインです。
これにより、Kotlinでもアノテーション( `@table` など、先頭に `@` が付くもの)を使ってコードを生成できるようになります。
+## 環境
+
+- OS:macOS Mojave 10.14.3
+- Android Studio:3.5
+- JRE:1.8.0_202-release-1483-b49-5587405 x86_64
+- JVM:OpenJDK 64-Bit Server VM by JetBrains s.r.o
+- Kotlin:1.3.50
+- Android Gradle Plugin:3.5.0
+
## セットアップ
appフォルダ配下の「build.gradle」にkaptのプラグインを追加するだけです。
```diff:/build.gradle
+ apply plugin: 'kotlin-kapt'
```
公式ドキュメントにはいろいろ設定が書いてありましたが、この1行を追加するだけで使えました。
設定した方がいいものがありましたら、コメントなどで教えていただけると嬉しいです。
## 使い方
appフォルダ配下の「build.gradle」で、 `annotationProcessor` を `kapt` に置き換えるだけです。
```diff:/app/build.gradle
dependencies {
ext {
orma_version = '6.0.2'
}
// Orma
- annotationProcessor "com.github.maskarade.android.orma:orma-processor:$orma_version"
+ kapt "com.github.maskarade.android.orma:orma-processor:$orma_version"
implementation "com.github.maskarade.android.orma:orma:$orma_version"
}
```
## おわりに
これでKotlinでもOrmaやDagger 2を使うことができます!
## 参考リンク
- [Using kapt - Kotlin Programming Language](https://kotlinlang.org/docs/reference/kapt.html)
- [kaptでHelloWorld | エンジニアの便利手帳](http://3jigen.net/2018/09/post-802/)