1. ueki5

    Posted

    ueki5
Changes in title
+haskell-ide-engine
Changes in tags
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -0,0 +1,98 @@
+毎回失敗するので備忘の為に書き残す
+
+1)環境変数設定
+以下コマンドと同等の設定を「システムの詳細設定」で保存しておく事
+
+[共通]
+set PATH=%PATH%;C:\Users\ueki5\AppData\Roaming\local\bin
+set STACK_ROOT=c:\opt\sr
+※pathは短くする事
+
+[proxyあり]
+set HTTP_PROXY=http://ueki5%40jp.fujitsu.com:9206190460@kws.proxy.nic.fujitsu.com:8080
+set HTTPS_PROXY=http://ueki5%40jp.fujitsu.com:9206190460@kws.proxy.nic.fujitsu.com:8080
+※URLエンコード @→%40
+
+[proxyなし]
+set HTTP_PROXY=
+set HTTPS_PROXY=
+
+2)gitのインストール
+インストールディレクトリはデフォルトでよい
+proxyは環境変数でも動作するが、以下の個別コマンドでも可(ただし、HTTP_PROXYが設定されていると、unsetしてもproxyサーバ経由で接続に行く)
+# proxy経由
+git config --global http.proxy http://ueki5%40jp.fujitsu.com:9206190460@kws.proxy.nic.fujitsu.com:8080
+git config --global https.proxy http://ueki5%40jp.fujitsu.com:9206190460@kws.proxy.nic.fujitsu.com:8080
+git config --global url."https://".insteadOf git://
+# 直接接続
+unset HTTP_PROXY
+unset HTTPS_PROXY
+git config --global --unset http.proxy
+git config --global --unset https.proxy
+
+2-1)PATHへ設定
+set PATH=%PATH%;"C:\Program Files\Git\cmd"
+
+3)VSCodeのインストール
+インストールディレクトリはデフォルトでよい
+
+4)stackのインストール
+Windowsの場合、公式HPよりインストーラをダウンロード
+URL:
+https://docs.haskellstack.org/en/stable/README/#how-to-install
+
+4-1)resolverの変更
+[ファイル]
+C:\opt\sr\global-project\stack.yaml
+[追加]
+resolver: lts-14.27 # ghc-8.6.5
+※stackのインストールディレクトリ(C:\opt\sr)はいじってます
+
+4-2)longpathを有効にする(Windows10の場合)
+・gpedit.msc
+・Local Computer Policy -> Computer Configuration -> Administrative Templates -> System -> Filesystem set Enable Win32 long pathsをenableに
+・管理者でgit bash実行
+git config --system core.longpaths true
+
+5)hieのリポジトリクローン
+git clone https://github.com/haskell/haskell-ide-engine --recurse-submodules hie
+cd hie
+※Win10以外の場合、pathは短くする事
+
+6)hieのビルド
+stack clean --full
+stack upgrade
+#make-build-all.bat
+powershell -c ./build-all.ps1 8.4.4
+※clean,upgradeは、stackが壊れている可能性がある為。
+ (hie.exeが作成されない事があった)
+ ghcのバージョンを8.4.4にしているのは、8.6.3だと、「Progress 180/216: fclabels-2.0.3.3」でハングアップする為
+ また、hieが無応答になる不具合(?)を回避する為、過去リビジョンに変更しているため(その時点の最新がlts-12.17(ghc-8.4.4))
+ →だめだったので、2018-09-18時点のリビジョンに
+
+6-1)2019-04-02の最新
+stack ./install.hs hie-8.6.4
+stack ./install.hs build-doc-8.6.4
+
+7)stack install cabal-install
+VSCodeでcabal-installがインストールされていないとのメッセージが出た為
+
+8)stack exec hie-wrapper -- --lsp --debug
+試行錯誤。LSPのデバッグモード(?)起動
+
+
+9)resolv
+
+LTS Haskell 13.15 ((ghc8.6.4) → 2019/03/31リリース(?)
+LTS Haskell 13.4 (ghc-8.6.3) → ビルドがハングアップする(×)
+LTS Haskell 12.13 (ghc-8.4.3) → ビルドは成功する(◎)
+
+[コマンドで指定する場合]
+stack config set resolver lts-13.15
+→以下のファイルに追加されるはず
+C:\opt\sr\global-project\stack.yaml
+
+
+9-1)stack環境の最新化?
+以下のコマンドを打つと、ghc8.6.4のダウンロードが始まった(fnet環境だと、死ぬほど遅い)
+stack path --local-bin