Help us understand the problem. What is going on with this article?

これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 0.71日目)|ルーティング設定

More than 1 year has passed since last update.

これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 0.7日目))の続きです。

Udemyのオンライン教材【2日でできる】はじめての PHP 7 x Laravel 5.5 入門
レクチャー56:ルーティングファイルのベースを作ろう、まで来ました。

教材の開発環境とLaradockで作成したローカル開発環境の相違点を発見

前回同様、ここでも私がLaradockを使って構築したPHP7/Laravel開発環境と、教材の環境で相違がありました。
おそらくLaravelのマイナーバージョンによるものだと思います。

教材の開発環境

PHP: v7.0.2
Laravel: 5.5

Laradockで作った開発環境

#workspaceコンテナにアクセス
docker-compose exec  workspace bash

#PHPのバージョン
php -v

PHP 7.2.0-2+ubuntu16.04.1+deb.sury.org+2 (cli) (built: Dec  7 2017 20:14:31) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.2.0-2+ubuntu16.04.1+deb.sury.org+2, Copyright (c) 1999-2017, by Zend Technologies

#Laravelのバージョン
composer show laravel/framework | grep versions

versions : * v5.6.12

見つけたルーティングの相違点

・ルーティング設定のディレクトリとファイル名が変わってました。

教材環境の場合

app/Http/routes.php

Laradockで作った開発環境の場合

app/routes/web.php

設定のファイルの場所と名前が違う

ルーティング設定ファイルの場所と、上記のように異なっていました。
記述方法はどうなんでしょうか? 同じでいけるのかな?

まだ動作可能になるセクションまで進んで無いので、そこら辺押さえられてないです。

(追記)app/routes/web.phpへのルーティング設定で、ちゃんと動きました。

勉強で作ってるプロジェクトのソース

https://github.com/masaaki-uegaki/bookapp

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away