Help us understand the problem. What is going on with this article?

これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 2.3日目)|CRUDアプリが出来た

More than 1 year has passed since last update.

これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 2.0日目)|Laravel5.6で国際化対応(ローカライゼーション)の続きです。

勉強終了

PHP5すらほぼ知らない、”Hello World"も自力で表示させた事が無い!という私でしたが、
この土日にPHP7の勉強をやりながら、認証付きの簡単なCRUDアプリが作る事ができました!

勉強の歩み

  1. これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 0.5日目)| 入門!
  2. これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 0.71日目)|ルーティング設定
  3. これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 0.72日目)|認証
  4. これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 0.723日目)|Scaffoldは動かない
  5. これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 1.0日目)|DDDへ向かって行く
  6. これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 1.3日目)|自宅サーバでWebサイト公開
  7. これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 1.7日目)|Laravel5.6のBlade(Component)を用いたコンポーネント志向なレイアウト作り
  8. これからWeb開発のバックエンドを学ぶ in 2018(PHP7編 - 2.0日目)|Laravel5.6で国際化対応(ローカライゼーション)

ログイン画面

スクリーンショット 2018-03-18 21.21.12.png

新規登録・一覧画面

スクリーンショット 2018-03-18 21.24.08.png

編集画面

スクリーンショット 2018-03-18 21.25.16.png

感想

non-SPAのWebサイト開発が、サクサクできるいろんな機能があって便利でした。
とは言え、最近はSPA開発しか携わってないし、実際にBladeテンプレートとか使う機会があるかな?

laravel-mixというパッケージを使えば、もっと色々できるらしいって公式サイトで見たけど
そこまで土日でたどり着けなかった。

テスト周りについては完全にノータッチ。PHPUnitも使った事ないけど、どーにかなるっしょ。

勉強はこのアプリをちまちまリファクタリングしたり、拡張したりして続けて行こうと思います。

そもそも、勉強した目的は、明日から始まる1週間での転職のプログラミング実技試験のためな訳ですが、そもそもPHPでの開発なのかもわかりません。

Javaと言われたらどうするね? Javaプログラマーの私ですが、
もう1年近くJavaのコード書いておらんのです。。。
Spring Bootで、あーだこーだとか言われても、ちょっと何言ってんのかわからない。
最後に触ってたのがSpring MVCだったから、大丈夫かな。わかんないけど。

さて、明日から頑張ろう!

自宅サーバで公開した作成アプリ

書籍リスト

勉強で作ってみたプロジェクトのソース

https://github.com/masaaki-uegaki/bookapp

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away