Edited at

はじめてのpython① pythonbrewで環境構築&HelloWorld!!

More than 5 years have passed since last update.


背景

「さわった事が無い言語でWebシステムを作ろう」というテーマの社内勉強会に参加する事になり、

pythonの調査を担当する事になったので、調べた内容をまとめてみる。まずは環境構築から。


開発環境


  • CentOS 6.4

  • pythonbrew 1.3.3

  • python 3.3.0


pythonの環境整備

公式でsourceを落としてきてインストールする方法もあるが、

pythonbrewを使うと複数バージョンのpythonがインストール出来て、あまり環境も汚さない感じ

(RubyのRVMみたいな感じ)なので、pythonbrewで環境構築する。

まずはpythonbrewのインストール。今回はマルチユーザーとしてインストールする。

$ git clone https://github.com/utahta/pythonbrew

$ cd pythonbrew
$ sudo ./pythonbrew-install

python 3.3.0をインストール。sudoを使いたい場合はsudopybrewコマンドでいけるらしいが、エラーが出た。PATH的な問題かしら。。。

$ sudopybrew install --force 3.3.0

-bash: sudo PYTHONBREW_ROOT=/usr/local/pythonbrew PATH=/usr/local/pythonbrew/bin:/usr/local/rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/bin:/usr/local/rvm/gems/ruby-1.9.3-p448@global/bin:/usr/local/rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/bin:/usr/local/rvm/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/home/vagrant/bin /usr/local/pythonbrew/bin/pythonbrew: そのようなファイルやディレクトリはありません

仕方がないのでrootになってインストールする。うまくいったっぽい。

$ sudo su -

# pythonbrew install --force 3.3.0
# pythonbrew switch 3.3.0
# python --version
Python 3.3.0
# which python
/usr/local/pythonbrew/pythons/Python-3.3.0/bin/python


HelloWorld!!

では恒例のHelloWorldやってみる。以下のコードをhelloworld.pyという名前で保管する。


helloworld.py

print("Hello World")


実行する。ちゃんとHello Worldできた!!

# python helloworld.py 

HelloWorld!!

ちなみにpythonコマンドのみで実行すると、対話モードになり、以下のようにHelloWorldする事も可能。

# python

Python 3.3.0 (default, Jul 8 2013, 09:11:06)
[GCC 4.4.7 20120313 (Red Hat 4.4.7-3)] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> print("HelloWorld!!")
HelloWorld!!