2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Binding を設定したメニューアイテムに対して validateMenuItem: が呼ばれない

Cocoa のメニューには NSMenuItemValidation プロトコルというメニュー項目の有効・無効を動的に切り替えられる機構がある。ある NSMenuItemtarget に設定されたオブジェクトが -(BOOL)validateMenuItem:(NSMenuItem *) を実装しているとき、このメニューアイテムが表示される直前に、メニューアイテム自身を引数としてこのメソッドが呼ばれる。メソッドが真を返せばメニューアイテムが有効になり、偽を返せば無効になる。

ところが、 Interface Builder でメニューアイテムに binding を設定すると -validateMenuItem: が呼ばれなくなるようだ。そのようなメニューアイテムの有効・無効を切り替えるには binding またはコードで enabled プロパティを操作すればよい。ただし、そのメニューアイテムを含むメニューの autoenablesItems が真ならば、メニューアイテムの enabled にセットした値が上書きされるかもしれないことに注意。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
2
Help us understand the problem. What are the problem?