Scala
docker

Scala学習のため、DockerでScala動作確認環境を構築しました

More than 1 year has passed since last update.

長い間、主にJavaを使ってきましたが、もっと軽く簡単にコードを書けないかなと思い、重い腰を上げて新しい言語を学ぼうと考えました。以前に少し調べたPlayFrameworkがScalaを扱えることを思い出し、他言語も合わせて考えてみましたが、Scalaを学習対象にしました。学習するために動作確認環境が必要となるため、動作確認環境を構築しました。


前提

Scalaについては、以下のページを参照してください。

Scala環境の構築や破棄が簡単にできるように、Docker上に構築します。あわせてDocker Composeも使用します。このため、Linuxの基本的な操作方法を理解している必要があります。

Scalaアプリケーションの実行には、通常はsbtを使うと思いますが、最終的にPlayFrameworkでWebアプリケーションを作成したいので、Typesafe Activatorを使用します。

作業はCoreOS環境で行いましたが、Dockerが動作すればホストOSは問わないはずです。


Scala環境構築手順

Scala環境を構築する手順を説明します。


Dockerfileを作成

Dockerfileを作成します。

FROM java:8

MAINTAINER u6k.apps@gmail.com

RUN mkdir -p /usr/local/src/
WORKDIR /usr/local/src/

RUN curl -OL https://downloads.typesafe.com/typesafe-activator/1.3.10/typesafe-activator-1.3.10-minimal.zip && \
unzip typesafe-activator-1.3.10-minimal.zip && \
mkdir -p /opt/ && \
mv activator-1.3.10-minimal/ /opt/activator && \
chmod a+x /opt/activator/bin/activator && \
ln -s /opt/activator/bin/activator /usr/local/bin/activator

WORKDIR /root/

RUN activator new my-app minimal-scala && \
cd my-app/ && \
activator run && \
cd .. && \
rm -rf my-app/

CMD ["/bin/bash"]

内容を説明します。

ScalaはJavaVM環境で動作するため、ベースイメージにjavaを指定します。

FROM java:8

ソフトウェアのインストールを/usr/local/src/で行うため、ディレクトリを作成して、作業ディレクトリを移動します。

RUN mkdir -p /usr/local/src/

WORKDIR /usr/local/src/

Typesafe Activatorをセットアップします。

RUN curl -OL https://downloads.typesafe.com/typesafe-activator/1.3.10/typesafe-activator-1.3.10-minimal.zip && \

unzip typesafe-activator-1.3.10-minimal.zip && \
mkdir -p /opt/ && \
mv activator-1.3.10-minimal/ /opt/activator && \
chmod a+x /opt/activator/bin/activator && \
ln -s /opt/activator/bin/activator /usr/local/bin/activator

Typesafe Activatorはzipで配布されているため、ダウンロードして展開することでセットアップを行います。それだけだとパスが通らないので、/usr/local/bin/にシンボリック・リンクを作成します。

Dockerコンテナに入った時に/root/を作業ディレクトリとしたいので、作業ディレクトリを指定します。

WORKDIR /root/

activatorコマンドを実行して、依存ライブラリをキャッシュします。

RUN activator new my-app minimal-scala && \

cd my-app/ && \
activator run && \
cd .. && \
rm -rf my-app/

activatorコマンドは、初回起動時に必要リソースを取得するため、時間がかかります。そこで、Dockerイメージ構築時にいくつかのコマンドを実行して、リソースをキャッシュしておきます。ここでは、minimal-scalaプロジェクトを作成して、実行しています。作成したプロジェクトは実行後は不要なので、削除します。

docker runbashを実行してコンテナに入れるようにします。

CMD ["/bin/bash"]


docker-compose.ymlを作成

単純にdocker build->dockdr runしても良いのですが、後を考えてdocker-compose.ymlを作成します。

version: '2'

services:
scala-app:
build: .

単純にビルドするだけです。Dockerコンテナ内で作業したファイルを残したい場合は、volumesを指定すると良いです。

    volumes:

- .:/root/work/


Dockerイメージ構築

ビルドします。

docker-compose build


使い方 - ScalaでHello, world!

Dockerコンテナを起動して、コンテナ内に入ります。

docker-compose run scala-app

minimal-scalaプロジェクトを作成します。

activator new my-app minimal-scala

ソースコードを作成します。

cd my-app/src/main/scala/

rm -r com/
vi hello.scala

ソースコードは${PROJECT}/src/main/scala/以下に書くので、移動します。サンプルコードがあるので、削除します。hello.scalaファイルを以下のように作成します。

object Main {

def main(args:Array[String]):Unit = {
println("hello")
}
}

プロジェクトのルート・ディレクトリに戻って、実行します。

cd ../../../

activator run

helloが表示され、正常終了するはずです。


おわりに

まずは単純に"Hello, world!"したかっただけなので、簡素な環境を構築しました。開発ツールが不足しているので充実させつつ、RDBと連携できるように育てます。


リンク