Help us understand the problem. What is going on with this article?

LibreOfficeのDocumentにPythonマクロを組み込む

More than 1 year has passed since last update.

http://christopher5106.github.io/office/2015/12/06/openoffice-libreoffice-automate-your-office-tasks-with-python-macros.html

Interface-oriented programming in OpenOffice / LibreOffice : automate your office tasks with Python Macros

LibreOffice BasicではIDE(マクロのエディター)で作成したBasicマクロを「マイマクロ」、「LibreOfficeのマクロ」、「○○○.odt等」のどれかに記録するか指定できるが、Pythonマクロはマクロの保存場所が決められているので、ドキュメント内部に保存することが出来ない。

上記の記事では、ドキュメント内部に保存する方法が記載されている。

まず、上記の中にある「myscript.py」マクロを作成する。
Writer用とCalc用があるので注意。
(わかりにくいですが、検索で探すとすぐに見つかります。)

次に、「include_macro.py」マクロを作成する。

WriterかCalcのドキュメントを新規作成する。

端末から
$ python3 include_macro.py ○○○.odt
を実行する。

with_macroフォルダが作成され、その中に「○○○.odt」がコピーされて、マクロを組み込んでいます。

マクロを実行 ー> ○○○.odt に「myscript」が追加されています。

それを実行すると、PythonのVerが表示されます。

fuyou.png
今気がついたのですが、Verの方はあっていますがパスは「UbuntuのPython3」のパスですね。「myscript.py」のコードを参考にする場合は注意が必要です。
UbuntuのPython3はVer3.6.3です。
LibreOfficeのPythonは/opt/libreoffice6.0/program/pythonです。
(パスはVerによって違います。)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away