Posted at

MacでMAMP等のPHPにパスを通す際の~/.bash_profile作成

More than 3 years have passed since last update.

MacのターミナルでPHP操作をする環境を構築する際に、MAMP等でインストールされたPHPにパスを通す作業が必要になる。パスの通し方についてはウェブで方法が解説されているが、ここでよく言及される「~/.bash_profile」という環境設定ファイルの編集部分でつまづいたのでメモ。

よくあるのは、「~/.bash_profile」に

「export PATH=$PATH:/Applications/MAMP/bin/php/php5.4.10/bin」を追記とか書かれているが、

環境によっては、というかおそらくもともとMac上に「~/.bash_profile」というファイルは存在しない。

なので自分で作成する必要がある。

自分のMacに「~/.bash_profile」が存在するかの確認方法は以下。



  1. $cd とだけ打ち込んでルートディレクトリに移動

2.

$ls -laと打ち込んで「~/.bash_profile」というファイルがあるか確認

なければ作成。

1.

$touch .bash_profile と入力

これで作成完了!

2.

$ls -laと打ち込んで「~/.bash_profile」というファイルがあるか確認すると

できている!

続いて「.bash_profile」にパスを通したいPHPがある場所のパスを記述する。

1. ファイル名が.で始まるファイルは隠しファイルなので、隠しファイルを表示するコマンドを入力

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

2.

設定を反映するためFinderのプロセスを終了

$ killall Finder

3.「.bash_profile」が置かれているディレクトリを表示

$open /usr

4.

上記ディレクトリが表示されるので、「.bash_profile」を開いて

「export PATH=$PATH:/Applications/MAMP/bin/php/php5.4.10/bin」等、パスを通したいディレクトリを記述

5.

設定を反映させるため

$ source ~/.bash_profile

を入力して終了。ターミナル再起動でもOK